メタバースで学ぶ!静岡県の世界遺産「富士山」と「韮山反射炉」

静岡県は、富士山と韮山反射炉に焦点を当てた特別講座を開催します。メタバース空間での参加も可能なこのイベントは、世界遺産の魅力を深掘りします。

講座概要

講座名:「富士山」と「韮山反射炉」、意外と知らない世界遺産に登録されたワケ日時:令和6年1月27日(土)午後2時00分~午後4時00分会場:現地参加:プラサ ヴェルデ 401会議室(沼津市大手町1丁目1-4)メタバース参加:参加者にメールでURL送付定員:50名(先着順)

富士山の芸術的影響

講師石上充代氏による「富士山に育まれた日本の絵画」のセッションでは、富士山がいかに日本の芸術に影響を与えてきたかを学びます。富士山をテーマにした作品や画家の紹介も予定されています。

産業革命と韮山反射炉

橋本敬之氏による「産業革命遺産と鉄溶解炉」では、韮山反射炉が日本の産業革命に果たした役割に光を当てます。明治時代の産業革命遺産としての重要性が語られます。

タウンミーティングで意見交換

このセッションでは、参加者が自由に世界遺産に関する意見交換を行います。静岡県内の世界遺産に関する様

々な施策や保全活動について、参加者同士で議論が交わされる予定です。県民の声を直接聞き、遺産を後世に継承するための方策を模索する場となります。

現地参加者への特典

現地での参加者には、特別に富士山トートバッグや「明治日本の産業革命遺産」ノート、ふじっぴークリアファイル

などの世界遺産グッズがプレゼントされます。これらの限定アイテムは、参加者にとって特別な記念となることでしょう。

静岡県が提供するこの講座は、世界遺産「富士山」と「韮山反射炉」に関する知識を深める絶好の機会です。メタバース空間からの参加も可能であり、地理的な制約を超えて学びたい方々に開かれています。芸術と産業の歴史に触れ、タウンミーティングでの意見交換を通じて、これらの価値ある遺産の未来を考える機会を提供します。

 Read More

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする