スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口が経産省創設「おもてなし規格認証」の最高位「紫認証」を更新

「Natural, Organic, Smart」をコンセプトに、地球にも人にも優しいホテルの運営を手掛ける株式会社スーパーホテル(代表取締役社長:山本 健策、本社:大阪府大阪市)は、経済産業省が創設し一般社団法人サービスデザイン推進協議会が主催する「おもてなし規格認証」の最高位である「★★★(紫認証)」を2018年に取得しておりましたが、再度審査を通過し2023年12月31日に更新を完了いたしました。

おもてなし規格認証「★★★(紫認証)」

スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口は2013年のオープン以降、全店舗中トップクラスの顧客満足度を継続しております。上記取り組みもあり、当社の主要顧客であった男性ビジネスパーソンだけでなく、女性顧客やファミリー層からの高い支持も獲得。近隣に複数の競合ホテルが進出した後も引き続き、同エリア同価格帯ホテルでNo.1の評価を維持しています。

これもひとえに、日頃より当社を支えてくださっているお客様のお陰であると心より感謝申し上げます。

今後もより一層、コンセプトであるNatural, Organic, Smartを磨き上げ、地球と人にやさしいライフスタイルホテルとして感動をお届けできるよう、従業員一同努めてまいります。

■おもてなし規格認証制度について

サービス品質を「見える化」し、日本のサービス産業と地域経済を活性化するために創設された規格認証制度。

優れたサービスと優れたサービスづくりにおける汎用的な規格として、「サービスエクセレンスの原則と組織マネジメント」を定める国際規格(ISO 23592)に準拠するように設計されており、サービスを提供する組織の能力に応じて「★★★(紫認証)」、「★★(紺認証)」、「★(金認証)」の3段階の認証を用意しています。その中でも最高位の「★★★(紫認証)」はお客様の期待を大きく超える「おもてなし」提供者のみが取得できます。

おもてなし規格認証公式サイト: https://omotenashi-jsq.org/

【株式会社スーパーホテルについて】

「Natural, Organic, Smart」をコンセプトに、健康でサステナブルなライフスタイルを提案するホテルとして国内172店舗、海外1店舗(ミャンマー)を運営。環境大臣が先進的・独自的で、業界をリードする環境保全の取り組みを行っている環境先進企業と認定する「エコ・ファースト制度」※で、ホテル業界で唯一認定を受けています。環境保全活動以外にも地域活性化や次世代支援などのSDGs活動に積極的に取り組んでいます。

公式サイト            : https://www.superhotel.co.jp/

SDGsの取り組み          : https://www.superhotel.co.jp/sdgs/

※「エコ・ファースト制度」について: https://www.env.go.jp/guide/info/eco-first/

スーパーホテル 客室イメージ

スーパーホテル 接客イメージ

 Read More 

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする