入浴着「バスタイムトップス」で変わる温泉文化:訪日外国人にも注目

株式会社GSIクレオスが展開する使い捨て入浴着「バスタイムトップス」シリーズが、訪日外国人旅行客に好評を得ています。乳がん経験者の声から生まれ、裸入浴へのハードルを下げる新しい文化を提案しています。

商品概要

商品名:バスタイムトップス、バスタイムボトムス、バスタイムワンピースカラー:ベージュ、ピンク、ボーダー、グレー、ブラック(※ワンピースは一部カラーのみ)素材:ポリプロピレン60%、分類外繊維(紙)30%、ポリウレタン10%サイズ:M~LLのフリーサイズ価格:トップス495円、ボトムス695円、ワンピース880円(税込)取扱場所:和倉温泉加賀屋、万葉倶楽部、ドーミーイン、総合メディカルなど販売ページURL:https://item.rakuten.co.jp/koyama-sangyo/10003404/

入浴着のニーズ拡大

バスタイムトップスシリーズは、乳がん手術などで傷跡を気にする方々に始まり、訪日外国人客の間で拡がりを見せています。海外では裸での入浴が一般的でないため、日本独特の入浴文化に戸惑う人々にとって、この入浴着は大きな安心材料となっています。畿央大学との共同開発により誕生したこのシリーズは、特殊な不織布を使用しており、肌触りが良く、水中での動きやすさも考慮されています。

世界に広がる日本の温泉文化

この入浴着の導入により、日本の温泉文化がより多くの人々に受け入れられるようになりました。温泉施設側も、外国人客の需要に応えるために、入浴着の利用を促進しています。これは日本の温泉文化の新たな可能性を示唆しており、インバウンド市場においても大きな意味を持っています。

観光業界の期待

バスタイムトップスシリーズの登場は、観光業界にとっても大きなチャンスです。外国人観光客が増加する中、この入浴着は温泉地の魅力を広げる要素となり得ます。また、乳がん手術などで体の一部を気にする人々にも、温泉を心から楽しむ機会を提供します。

衛生面での安心

厚生労働省の指導に基づき、入浴着を着用しての入浴は衛生管理上の問題がないとされています。この点がクリアされていることで、入浴着の普及が一層進むことが期待されます。これにより、日本の温泉文化は、より広い範囲の人々にとってアクセスしやすいものとなるでしょう。

新たな温泉体験の提案

株式会社GSIクレオスのバスタイムトップスシリーズは、乳がん手術を経た人々や裸入浴に抵抗を感じる訪日外国人にとって、温泉体験の新たな扉を開きました。この革新的なアイデアは、日本の温泉文化をより多くの人々に開放し、観光業界に新たな動きをもたらしています。

関連リンク株式会社GSIクレオス公式サイト:https://www.gsi.co.jp/ja/index.html厚生労働省公衆浴場に関するガイドライン:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000213520.html

 Read More

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする