大人世代向け教養講座「willbeアカデミー 2024」開催 環境・IT・スポーツなど多彩なジャンルの講師が登壇

「クラブ・ウィルビー(運営会社:株式会社キャンディッドプロデュース)」は、大人世代向けに最新、最先端の学問を体感できる教養講座「willbeアカデミー」を2024年2月3日(土)、2月4日(日)に情報学環・福武ホール(東京都文京区)で開催します。

クラブ・ウィルビー: https://www.club-willbe.jp

willbeアカデミー : https://www.club-willbe.jp/programs_events/2024academy.html

過去の「willbeアカデミー」会場風景

『蒼い時』(山口 百恵 氏の自叙伝)やパネリスト100余名が出演した大型トークセッション、愛知万博誘致、技能五輪国際大会のプロデュースなど、数々のプロジェクトを手掛けてきたプロデューサーの残間 里江子が、既存の高齢者イメージを払拭したいとの思いで立ち上げた「クラブ・ウィルビー」は、16年目を迎えます。「シニアがいつまでも社会と接点を持ち、生涯現役を目指して欲しい」との趣旨のもと、数々のプログラムを展開してきました。

「willbeアカデミー」は大学教授をはじめとした学究的な分野の第一線で活躍する講師を招き開催している短期集中の教養講座です。

今年のテーマは「時代の分岐点、どう生き抜くか」のもと、6講座6人の講師が講義します。

【「willbeアカデミー」開催概要】

○開催日時

2024年2月3日(土)、2月4日(日) 各日3講座 計6講座 開催

1限目 10:00~11:30/2限目 13:00~14:30/3限目 15:00~16:30

○会場

情報学環・福武ホール 福武ラーニングシアター

(東京都文京区本郷7-3-1 東京大学本郷キャンパス内)

○参加費

全日程(2日間6講座) 22,000円(税込)

いずれか1日(3講座) 12,000円(税込)

○講師一覧

<2月3日(土)>

・10:00~11:30

「コーポレートガバナンスと国家・大学のガバナンス ─それぞれの主権者は誰か?」

久保利 英明 氏

(弁護士)

企業や組織のガバナンス及びコンプライアンスの第一人者。「日経ビジネス弁護士ランキング」では1位を連続4回獲得した。「弁護士とは闘争業だ。スーツもネクタイも、肌を黒く焼いているのも、戦闘服だからだ」と“華麗で強烈”なスーツ姿が印象的。最近では、日本大学の第三者委員会答申検討会議議長として、林 真理子理事長の横で記者会見に出席して話題を呼んだ。

・13:00~14:30

「われわれはAIの時代にどう生きるか」

松原 仁 氏

(東京大学次世代知能科学研究センター教授)

手塚治虫の「鉄腕アトム」を実現したいという思いからAI開発の道へ。日本の人工知能研究をけん引してきた人工知能学会の元会長。コンピュータ(機械)に知能を持たせたり、コンピュータを教師(時には反面教師)として人間の知を探究したりと、AIを主役と脇役の両面から捉え、その可能性を追求している。

・15:00~16:30

「気候の危機にどう向き合うか」

江守 正多 氏

(東京大学未来ビジョン研究センター教授)

今や、「温暖化」から「沸騰化」の時代に突入したと言われる地球環境にあって、国連のIPCCの報告書を執筆する気候変動の第一人者。「地球の苛烈な実態」の精緻な情報をもとにした解説に定評がある。国際調査で「日本人は気候危機に無関心」と指摘されていることを危惧して啓発に尽力している。

<2月4日(日)>

・10:00~11:30

「幸福社会への巨大転換」

月尾 嘉男 氏

(東京大学名誉教授)

東京大学工学部産業機械工学科教授、同大学院新領域創成科学研究科教授、総務省総務審議官を歴任。縮小する経済、社会構造の変化を見据えた「日本社会の転換」の必要性について、いち早く警鐘を打ち鳴らしてきた。知床半島塾、釧路湿原塾、宮川清流塾など全国各地で私塾を主宰して、地域の有志とともに環境保護や地域振興に取り組んできた。

・13:00~14:30

「2024 ──スポーツはニッポンの時代?── 野球、ラグビー、駅伝について考えてみよう」

生島 淳 氏

(スポーツジャーナリスト)

昨年は暗い話題が多い中、スポーツ界では希望に溢れたニュースが相次いだ。大谷 翔平選手が活躍するメジャーリーグ、日本のプロ野球、ラグビー、駅伝などを中心に、圧倒的な取材力で世界のスポーツに精通。選手からの信頼が厚く、肉迫したインタビューへの評価も高い。経済、経営的な視点からのスポーツの分析も得意とする。

・15:00~16:30

「日本社会の女性認識」

安藤 優子 氏

(キャスター/ジャーナリスト)

アメリカやロシアの大統領選挙などが控える世界的な選挙イヤーの本年、国内では政治不信が大きな話題となっており、政治の行方に対して関心が高まっている。40余年にわたる報道現場で得た知見を基軸に、政治・経済をはじめとする社会の動静を怜悧に分析する。グローバル社会学博士号を取得し、昨年からは大学で教鞭をとる。

 Read More 

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする