BSIグループジャパン(英国規格協会)、山口重工業株式会社にサプライヤーとしてアジア初となるPAS 2080に基いたカーボンマネジメントの認証を授与

BSIグループジャパン株式会社(所在地:横浜市西区みなとみらい、代表取締役社長:漆原 将樹、以下「BSIジャパン」)は、山口重工業株式会社(所在地:福岡県福岡市博多区、代表取締役:山口 豊和、以下「山口重工業」)に対し、PAS 2080:2023(※1)に基づいたカーボンマネジメントの取り組みを認証しました。なお、認証授与式は2月1日にBSIの英国本社にて執り行われます。

山口重工業にサプライヤーとしてアジア初となるPAS 2080に基いたカーボンマネジメント認証を授与

昨今、我々の経済活動に伴う二酸化酸素などの温室効果ガスの排出量増加に伴い、地球温暖化や気候変動をはじめとする地球規模の問題が深刻化しています。

そのため、国際社会でも1995年より国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)が開催されています。その中では実効的な温室効果ガス排出量削減の実現にむけた議論が継続されており、直近では2021年に英国で実施されたCOP26において、2030年頃には平均気温上昇を工業化以前の水準に比して1.5℃に抑える努力を追求することが明記されました。

これを受け、各国は今まで以上に二酸化炭素排出量削減に向けた取組みを加速しています。

PAS 2080は、建設およびインフラプロジェクトにおいて炭素排出を削減し、環境への影響を最小限に抑えるための指針を提供します。多くの国や地域において、建設業における脱炭素化や環境に配慮した取り組みに注目が集まる中、PAS 2080は企業やプロジェクトがバリューチェーンにおけるライフサイクル全体で発生するCO2の削減に向けたリーダーシップを発揮することを求めています。建設プロジェクトがよりサステナブルで環境に優しいものになることが期待されて開発された指針として、関心が高まっています。

BSIグループでは、PAS 2080の策定に携わり、カーボンマネジメントの認証をグローバルで展開しています。

今回の山口重工業におけるPAS 2080への取り組みは、組織としてのカーボンマネジメントの今後のビジョンや展開についての明確な方向性や炭素削減に向けた具体的な活動の推進が証明されたことになります。今後、地球温暖化対策のため、それぞれの組織が炭素削減を促進し、ネットゼロに取り組む活動は避けて通れないテーマであり、積極的にカーボンマネジメントを推進することは、企業価値向上においてもより一層求められています。

– 注記 –

※1:PAS 2080:2023は、建設物及びインフラストラクチャーにおけるカーボンマネジメントのガイドライン

■山口重工業のコメント

― 取り組みを決められた目的

近年、世界的にも想定を超える気象災害が発生するなど、気候変動に伴う気候危機を強く認識することが必要な時代となっております。COP28によれば、日本において2030年には温室効果ガスの排出量を、2013年度比で46%削減する必要があり、気候変動における地球環境の危機を拡大しないよう、小さな改善でも鍵を握っていると言えます。

日本だけでなく世界的に様々な環境問題が提起されているなか、特にカーボンニュートラルは国内外において喫緊の課題となっております。

当社では、世界で最も環境基準が先進的なCOP28による英国での温室効果ガスの排出量を参考事例として、2030年までの目標を2013年比で55%の排出削減を新たにKPIとして設定いたしました。

PAS 2080は、建築プロジェクトにおける温室効果ガスの排出削減や省エネルギーなどの持続可能性に関連する要素を評価するための国際的な基準です。この認証を取得することで、環境に対する責任を果たし、より良い未来を築くためのリーダーシップを発揮することができると考え、取り組みを開始いたしました。

― 取り組みにおいて、工夫した点、苦労した点

産業連携の強化として、建築プロジェクトは多くの関係者が関与する複雑なプロセスであり、PAS 2080の認証を取得するためには、各関係者の協力が欠かせません。様々なステークホルダーとの連携を強化し、持続可能な建築プロジェクトを実現するための工夫が必要でした。

苦労した点として、環境に配慮した建築プロジェクトを実現するためには、新たな技術や設備の導入が求められます。しかし、これには高いコストや技術的な課題が伴うこともあります。

当社はこれらの課題に対して柔軟に対応し、持続可能な技術や設備のアップグレードに取り組んでまいりました。生産、品質、設備稼働情報をAI及びIoTを活用し、リアルタイムに収集、一元管理したビッグデータを見える化することで、スマートファクトリーを構築し、「情報革命のその先を。生産革命で人々を幸せに。」していくことを推進していきます。また再生可能エネルギーの見える化により、溶接施工の合理化につながり、溶接時のCO2ガス削減、省エネに取り組んでいます。

― BSIで認証を受けた感想など

今回のPAS 2080の認証の取得は、環境への負荷を軽減し、持続可能な開発を推進するための重要なステップです。

BSI様の認証を受ける中で、地球環境問題におけるグリーンイノベーションの重要性を社内で再度共有し、取り組みを見直すことができました。

また、今回の認証で持続可能な建築プロジェクトの推進をリーダーシップとして発揮することができます。エネルギー効率の向上やCO2排出量の削減、再生可能エネルギーの活用など、環境への負荷を最小限に抑えた建築プロジェクトを展開することで、社会的な貢献を果たすことができます。

また、環境問題への取り組みは、企業の持続可能な成長にも密接に関わっています。持続可能なビジネスモデルの構築や新たな市場の開拓を通じて、より大きな成果を上げることができるでしょう。

当社は工夫と努力を重ねながら、引き続き持続可能な建築プロジェクトの実現に向けて積極的に取り組んでいく所存です。環境保護と経済成長の両立を実現し、「夢をカタチにしていく」ことにより良い未来を築いてまいります。

■BSIジャパン 代表取締役社長 漆原 将樹のコメント

『夢をカタチにしていく』というコーポレートスローガンを掲げ、何事においても世界トップを目指すという社長の山口様のお言葉どおり、常に時代の先を見据え、新しいことにチャレンジしている山口重工業様。今回のPAS 2080認証取得は、温室効果ガスの排出量削減が求められる建設業界をリードする取り組みだと感じております。

山口重工業様の意欲的なチャレンジに認証機関として携わることができ、大変光栄に存じております。

■BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパンについて

BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、ビジネス改善と標準化を推進する機関です。設立以来1世紀以上にわたって組織や社会にポジティブな影響をもたらし、信頼を築き、人々の暮らしを向上させてきました。現在、195カ国、77,500社以上のお客様と取引をしながら、専門家、業界団体、消費者団体、組織、政府機関を含む15,000の強力なグローバルコミュニティと連携しています。BSIは、自動車、航空宇宙、建築環境、食品、小売、医療などの主要産業分野にわたる豊富な専門知識を活用し、お客様のパーパス達成を支援することを自社のパーパスと定めています。気候変動からデジタルトランスフォーメーションにおける信頼の構築まで、あらゆる重要社会課題に取り組むために、BSIはさまざまな組織と手を取り合うことによって、より良い社会と持続可能な世界の実現を加速し、組織が自信を持って成長できるよう支援しています。

BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人です。マネジメントシステム、情報セキュリティサービス、医療機器の認証サービス、製品試験・製品認証サービスおよび研修サービスの提供を主業務とし、また規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供しています。

URL: https://www.bsigroup.com/ja-JP/

 Read More 

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする