全国600名による意識調査結果発表:「冬も旅行が好き!」6割が旅行意向あり、Z世代は“タイパ”旅行に注目

東武鉄道は、10代から60代以上の全国600名を対象に行った旅行に関する意識調査で、今年の冬の旅行意向を持つ人が6割を超えることが明らかになりました。特に、Z世代の間では、旅行においても効率的な時間利用を重視する「タイパ」志向が顕著です。

調査結果の意義

東武鉄道が行ったこの調査は、コロナ禍明け初の冬に実施されたもので、多くの方が冬の旅行を計画しており、特に旅行の移動手段として「電車」が高い人気を集めています。また、旅行者は移動中の楽しさや快適さにも価値を見出し、そのための出費も惜しまない傾向が見られました。Z世代の間では、「タイパ」すなわち効率的な時間利用を重視する傾向があり、SNS映えするような特色ある電車での移動にも興味を示しています。旅行においても、移動時間を有効かつ楽しく過ごしたいというニーズが高まっていることが伺えます。

「スペーシア X」の魅力

新型特急「スペーシア X」は、多様な座席タイプと上質な乗車体験を提供しており、乗車アンケートでは9割以上の乗客が再度乗車したいと回答しています。車内では、日光の味覚を楽しむことも可能で、移動時間そのものを旅の楽しみとするニーズに応える設計となっています。

「NIKKO MaaS」の利便性

また、「NIKKO MaaS」を通じて、日光・鬼怒川旅行のフリーパスや特急券などが一括で購入でき、これまで以上に便利に旅行の計画が可能となりました。旅行好きなら、この冬、新型特急「スペーシア X」と「NIKKO MaaS」で、さらに充実した旅を楽しめるでしょう。

この調査は、旅行意向が高まっていること、特に移動中の快適さや楽しさを重視する傾向があることを示しています。東武鉄道の「スペーシア X」と「NIKKO MaaS」は、これらのニーズに応え、理想的な冬旅を提供する選択肢として注目されています。新しい旅のスタイルを求める方々にとって、これらのサービスは、冬の旅行をより豊かにするための最適な方法と言えるでしょう。

調査概要

調査実施主体:東武鉄道調査対象:全国の10代~60代以上の600名主な調査結果:今年の冬に旅行意向を持つ人は6割超、移動手段の第一位は「電車」、約7割が移動中の楽しさにお金をかけても良いと回答特急「スペーシア X」:新型特急、様々な座席タイプ、9割以上が「また乗りたい」と回答WEBサービス「NIKKO MaaS」:日光・鬼怒川旅行をお得に楽しむサービス詳細URL:https://www.tobu.co.jp/spaciax/、https://www.tobu-maas.jp/lp/nikko-maas

 Read More

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする