東京工業大学と青山レナセルクリニック、再生医療の新境地を開く共同研究を開始

一般社団法人輝実会青山レナセルクリニックは、再生医療の分野で革新をもたらす「低温プラズマ技術の臨床応用」を目的に、東京工業大学との共同研究契約を締結しました。

概要

共同研究開始日:2024年2月1日目的:再生医療の臨床における低温プラズマ技術の応用主催:一般社団法人輝実会青山レナセルクリニック、東京工業大学研究統括:東京工業大学 科学技術創成研究院 沖野晃俊准教授研究内容:大気圧低温プラズマによる細胞活性化効果の研究計画予定:2024年3月中、肌の細胞移植治療における大気圧低温プラズマ導入機器の臨床使用住所:東京都港区北青山2-7-28 青山NAビル5階設立:2020年5月21日事業内容:再生医療クリニックの運営ウェブサイト:https://rena-cell.com東京工業大学沖野研究室 公式HP:https://ap.first.iir.titech.ac.jp/

再生医療への新たな一歩

青山レナセルクリニックは、幹細胞を用いた先進的な再生医療の提供に注力しており、二型糖尿病、動脈硬化症、肌の加齢性変化、アトピー性皮膚炎などの治療に幹細胞治療を応用しています。2023年度は、約200件の治療実績を上げ、その治療効果と安全性において高い評価を受けています。今回の共同研究契約は、このような確固たる基盤の上に築かれ、再生医療の未来に新たな光を当てる試みと言えるでしょう。

産学連携によるイノベーション

東京工業大学との共同研究は、医療技術の新たな地平を切り開く重要な一歩です。沖野准教授は大気圧低温プラズマ技術の研究で知られ、その専門知識を活かし、クリニックでの臨床応用を目指します。これにより、肌の細胞移植治療における細胞の活性化や滅菌に大きな期待が寄せられています。また、東京工業大学の東京医科歯科大学との統合により、さらなる医療技術の進展が期待される中、この共同研究は医療領域における科学技術の進化を加速させる可能性を秘めています。

青山レナセルクリニックと東京工業大学の共同研究契約は、再生医療分野における新たな地平を切り開くものです。大気圧低温プラズマ技術の臨床応用を目指し、医療技術の進化に貢献することが期待されます。今後の研究成果に注目が集まるとともに、医療分野におけるイノベーションのさらなる進展が期待されます。

 Read More

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする