「副業の日」アンケート調査レポート:週10時間以下で年収100万円を目指す副業者の現実

株式会社マーケティングフルサポートが、「副業の日」にちなんで実施したアンケート調査が、副業者の理想と現実、そしてその満足度に関する興味深いデータを明らかにしました。主に週10時間以下の労働で年収100万円を目指す副業者の現状についてご報告します。

副業の目的と内容の現状

「副業の日」に実施された調査によると、副業の目的で最も多かったのは収入アップで、空き時間を有効に使うことや趣味を活かすことも重要視されています。副業の内容としては、手軽に始められる懸賞、アンケートモニター、ポイントサイトが最も人気。しかし、これらの活動だけで高収入を得るのは困難であることも示唆されています。

副業収入と労働時間の現実

多くの副業者が年収100万円を期待しているにも関わらず、実際の収入は年間10万円以下が多いのが現状です。副業にかける時間は理想と現実が一致しており、週10時間以下が大半を占めていますが、これが収入の少なさに直結している可能性もあります。

「副業の日」を記念して行われたこの調査は、副業者が直面する現実と理想のギャップを明らかにしました。副業で安定した収入を得るためには、時間を売るだけではなく、自身のスキルや経験を生かし、より収益性の高い副業へのシフトを考える時期かもしれません。

調査結果概要

副業の目的:収入アップが最大の目的で、空き時間の有効活用や趣味を活かすことが続く。副業の内容:懸賞、アンケートモニター、ポイントサイトが最も多く、次いで金融系(株式投資、FX)、ブロガーやライター活動。期待する副業収入:年間100万円を目指す人が5割超。しかし実際の副業収入は年間10万円以下が5割超。副業にかける時間:理想も実際も週10時間以下が大半。副業の満足度:約5割が不満足。主な理由は収入の少なさや不安定さ。理想の働き方:現在の本業を維持しながら副業も続けることを望む人が6割超。

 Read More

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする