司法書士による財産管理業務の実践を振り返る Webシンポジウム「福祉型信託と任意後見制度の更なる発展を目指して~」

日本が超高齢社会の到来を迎える昨今、財産管理業務を通じた権利擁護活動の重要性が一層増しており、司法書士に対する期待も高まっています。また、令和5年4月1日から施行された司法書士行為規範においては、「成年後見業務等に関する規律」、「財産管理業務に関する規律」、「民事信託支援業務に関する規律」の各章が設けられ、国民が安心して司法書士による財産管理の支援を受けられるよう、倫理規定の整備が行われました。

民事信託・任意後見を学ぶ実務家のためのオンライン開催!「令和6年3月7日(木)」開催

*開催日時:令和6年3月7日(木)午後1時から午後5時まで*開催方法:Zoomウェビナーを使用したオンライン開催*対象者 :民事信託・任意後見に取り組む実務家、研究者及び市民等     ※どなたでもご参加いただけます。*参加費 :無料*定員  :950名*申込締切:なし ※定員に達し次第、お申込みを締め切らせていただきます。

スケジュール (予定) 司法書士による民事信託と任意後見の連携について

●第1部 基調講演1(45分)テーマ:財産管理のための諸制度とそれぞれの役割 ―信託を中心に据えて―登壇者:道垣内 弘人   (専修大学大学院法務研究科教授)

●第2部 基調講演2(45分)テーマ:意思決定支援に向けた任意後見制度と民事信託の役割登壇者:高橋 弘   (司法書士/日本成年後見法学会副理事長)

●第3部 報告(30分)テーマ:司法書士による民事信託と任意後見の連携事例報告登壇者:芝 知美   (司法書士/日司連民事信託等財産管理業務対策部部委員)

●第4部 パネルディスカッション(90分)テーマ     :福祉型信託と任意後見制度との適切な連携についてパネリスト   :道垣内 弘人        (専修大学大学院法務研究科教授)        高橋 弘        (司法書士/日本成年後見法学会副理事長)        芝 知美        (司法書士/日司連民事信託等財産管理業務対策部部委員)        伊庭 潔        (弁護士/日弁連信託センター長)コーディネーター:春口 剛寛        (日司連理事/民事信託等財産管理業務対策部部員)

司法書士による司法書士のためのシンポジウム「Zoomウェビナー」の申し込み受付を開始

下記のURLから直接お申込み可能です。(Zoomウェビナーの登録ページに移動します)https://zoom.us/webinar/register/WN_L9DCtV7BTcef79MTIrxN3Q

※本シンポジウムにつきましては、下記リンク先の日本司法書士会連合会ホームページでもご案内しております。https://www.shiho-shoshi.or.jp/other/topics/event/57403/

 Read More

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする