(仮称)明治安田生命新宿ビル新築工事仮囲いに工学院大学学生が描いた巨大ピクセルアート出現

2024年2月1日、東京都新宿区西新宿一丁目の(仮称)明治安田生命新宿ビル新築工事の現場仮囲いに、長さ30メートルを超える巨大ピクセルアートが出現しました。西新宿地区は、旧淀橋浄水場移転後の開発時からおよそ50年ほどが経過し、周辺では再開発が活発に行なわれています。その為、多くの場所で工事仮囲いが設置され、街並みの様子が変化しています。こうしたことから、西新宿にキャンパスを構える工学院大学(学長:伊藤 慎一郎)は、新宿駅西口前で大型開発プロジェクトを行なっている明治安田生命保険相互会社(執行役社長:永島 英器)と協力し、街を彩り多くの人に楽しんでいただくことを目的に、工事仮囲いにパブリックアートを施す取組みを実施しました。

制作した工学院大学美術意匠部の学生

「仮囲いの街並みに彩りを施し、新宿の様子を世界に発信しよう」

このピクセルアート作品は、工学院大学 美術意匠部の学生による制作で、本プロジェクト代表の小田島 亜由さん(情報デザイン学科2年)は、「新宿ダンジョン」と名付け、新宿の街の多様性と複雑な街並みの様子を多くの人が楽しめるよう表現したと述べています。

■西新宿 産学連携パブリックアート「新宿ダンジョン」

制作    :工学院大学 美術意匠部

協力    :明治安田生命保険相互会社

作品の大きさ:東側(1) 35,150mm×3,800mm 東側(2) 14,248mm×3,800mm

       南側 27,357mm×3,800mm

実施場所  :東京都新宿区西新宿一丁目

       (仮称)明治安田生命新宿ビル新築工事現場

実施期間  :2024年2月1日(木)より

       ※状況により撤収する場合がございます

【アート概要】

東側(1) 新宿駅南口~東口、歌舞伎町エリア 35,150mm×3,800mm

東側(1) 新宿駅南口~東口、歌舞伎町エリア 35,150mm×3,800mm

東側(2) 新宿駅地下街 14,248mm×3,800mm

東側(2) 新宿駅地下街 14,248mm×3,800mm

南側 西新宿高層ビル街~新宿御苑 27,357mm×3,800mm

南側 西新宿高層ビル街~新宿御苑 27,357mm×3,800mm

【位置図】

【位置図】

(仮称)明治安田生命新宿ビル工事仮囲いに設置されたピクセルアート(1)

 Read More 

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする