2024年問題の解決に向けて一般貨物自動車運送業向けオリジナル配車システムの提案を強化

イーバリュー株式会社(代表取締役社長:水野 昌和/本社:愛知県名古屋市中村区名駅)は、物流業界における『2024年問題』への対応ニーズの高まりから、一般貨物自動車運送業向けの配車管理システムの開発と提案を、2024年より強化することをお知らせします。物流業界では2024問題によって労働時間に制約がかかるため、より一層の業務効率化が必要となります。当社では、企業ごとのオリジナル配車システムを開発し、物流業界のDX推進をサポートします。

システムイメージ

●一般貨物自動車運送業向けオリジナル配車システムの提案強化の背景

当社は2023年よりシステム開発事業を開始しました。顧客データベースシステム、新卒採用システム、法令管理システムなど、様々なオリジナルシステムを開発。その中で、環境コンサル事業部のパートナー会社である産業廃棄物処理会社より、「属人的な配車管理業務を効率化させたい」「既存のシステムだと自社の手順と合わない」といった配車業務に関する相談を多数受けてきました。当社の配車管理システムでは、ネット環境があればどこからでもリアルタイムで情報共有ができ、数クリックで配車を行うことが可能です。やり取りもメッセージなどで履歴が残るため、確実なコミュニケーションもとれます。2024年問題が差し迫る今、配車管理は廃棄物処理会社だけでなく、物流業界においても同様の悩みを抱えているのではないかと考え、オリジナル配車システムの提案を強化することとなりました。

●物流業界の特徴と課題

物流業界では、かねてより人手不足が課題となっています。『2024年問題』もあり、より効率的な配車管理と運搬が求められます。しかしながら、業務においては属人的なアナログ管理が残る業界です。自社独自の業務フローが多く、一般的なシステムでは対応しきれないため、DX化が進みづらい状況になっています。当社では企業ごとのオリジナルシステムを開発することで、この問題の解消を図ります。

●オリジナル配車システムの開発実績

当社では、徹底した現場主義をもとに、システムエンジニアがお客様の現場を確認し、ヒアリングなどを行いながら企業ごとのオリジナルシステムを開発してきました。

(1) 受発注・配車管理システム(大阪府 I社様:従業員数10名)

『自社の業務フローにあった機能を充実させたオリジナルの配車管理システムを開発』

無料のスケジュールアプリを利用しており、社内の手順と合わない部分に不便さを感じていた。自社の業務フローに合ったオリジナルシステムを構築。ドライバーがリアルタイムで確認可能になった。

(2) 顧客管理、現場管理、受注・配車管理システム(愛知県 Y社様:従業員数40名 車両数30台)

『これまでのExcel管理をシステム化。顧客情報や現場情報をデータベース化し、新人でも受注や配車業務ができるように』

Excelで属人的に受注と配車を管理していたため、抜け漏れや人的ミスが発生していた。顧客情報と現場情報をデータベース化し、リアルタイムでの情報共有を可能に。業務の標準化にも成功した。

(3) 顧客管理、現場管理、受発注・配車管理システム(愛知県 F社様:従業員数300名 車両数50台)

『自社独自の業務フローに合ったオリジナルシステムを構築。複数拠点の工場との情報共有もスムーズに』

複数拠点との情報共有にExcelを使っていたため、手間やタイムラグが発生していた。オリジナルシステムにより、全拠点とリアルタイムで共有することが可能になった。これまでの業務フローを変えることなく、スタッフの負荷軽減を実現できた。

●今後

2024年が始まり、多くの一般貨物自動車運送事業の企業の方たちが『2024年問題』への対応に迫られています。これまでの開発実績をもとに専用サイトをたちあげ、物流業界のDX推進に向けて提案を強化していきます。

【会社概要】

社名  :イーバリュー株式会社

代表者 :代表取締役社長 水野 昌和

所在地 :愛知県名古屋市中村区名駅4-5-28 桜通豊田ビル 18F

事業内容:システム開発事業、デジタル教育コンテンツ事業、

     環境コンサルティング事業、人材サービス事業

 Read More 

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする