KYCコンサルティング、シリーズCで総額4.2億円を調達し、リスク情報モニタリングシステムを強化

KYCコンサルティング株式会社は、シリーズCラウンドにおける第三者割当増資で総額4.2億円の資金を調達しました。この資金は、金融庁ガイドラインに準拠したリスク情報モニタリングシステムの開発に充てられます。

KYCCの取り組みと目標

KYCコンサルティング株式会社(KYCC)は、ウェブサービス型のコンプライアンスチェックツール「Risk Analyse」と高度機能リスク情報検索システム「Solomon」を提供しています。金融庁のガイドラインに準拠した顧客管理(CDD)の継続的なモニタリングをリアルタイムで実行するシステムの開発および組織の強化にこの調達資金を充当します。今夏リリース予定のシステムを通じて、日本社会の危機管理や安全レベルを海外のKYC先進国と同等の水準に引き上げることを目指します。

資金調達の意義と将来展望

この資金調達により、KYCコンサルティングは顧客管理に必要な継続的モニタリングをリアルタイムで実行するシステムの開発を加速。日本の企業活動におけるコンプライアンスチェックの効率化と精度向上を目指し、海外のKYC先進国と同等水準のリスク管理を実現します。

KYCコンサルティングの取り組みは、社会的責任の果たしと経済活動の効率化を両立させることを目的としています。今回の資金調達とシステム開発により、企業のリスク管理能力の向上が期待されます。

 Read More

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする