東急エージェンシー、新刊『文化・芸術のマーケティング』を発売

株式会社東急エージェンシーは、文化・芸術マーケティングの新たな可能性を探求した新刊『文化・芸術のマーケティング Bunkamuraも実践する“満足”を生み出すチャレンジ』を発売しました。

文化・芸術マーケティングの新地平

本書は、文化・芸術の更なる普及とファン層の拡大を目指し、Bunkamuraでの実践を踏まえながら、文化事業のマーケティング戦略を深掘りしています。文化施設の公共性や経済性を考慮しつつ、鑑賞者の満足を最大化するためのデータ分析ツールの活用や人材育成についても詳述。文化・芸術と教育、地域振興との連携を通じた新たな市場の創出についても議論が展開されます。

実践から学ぶ、文化施設の未来

荒木久一郎氏および文化・芸術マーケティングラボが、長年の経験を基に解き明かすマーケティング戦略は、文化施設運営における新たな指針を示しています。また、慶應義塾大学文学部教授・中尾知彦先生の推薦もあり、文化施設関係者やマーケティングに興味を持つ学生にとって必読の内容となっています。

文化・芸術の新たな価値を探求

『文化・芸術のマーケティング Bunkamuraも実践する“満足”を生み出すチャレンジ』は、文化・芸術分野におけるマーケティングの重要性とその実践方法を掘り下げた一冊です。文化施設の機能を再考し、次世代の感受性や表現力を高めることに寄与するマーケティング戦略を学べる貴重な資料と言えるでしょう。

商品概要

書籍名:『文化・芸術のマーケティング Bunkamuraも実践する“満足”を生み出すチャレンジ』著者:荒木 久一郎、文化・芸術マーケティングラボ発売日:2024年2月9日(金)価格:2,200円(税込)体裁:四六判 並製 164ページISBN:978-4-88497-138-0/C0034販売:全国の書店、オンラインにて

 Read More

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする