明治学院大学国際平和研究所が関東大震災時の朝鮮人虐殺をテーマに公開研究会を開催

明治学院大学国際平和研究所(PRIME)は、2024年3月16日(土)に「関東大震災時の朝鮮人虐殺、新資料から読み解く~姜徳相・山本すみ子共編『神奈川県関東大震災朝鮮人虐殺関係資料』をめぐって~」と題する公開研究会を開催します。本研究会は、関東大震災発生から100年を超える現在でも、新たに発見された資料を通じて、過去の歴史的事実に新たな光を当てることを目的としています。

開催背景と目的

この研究会は、昨年刊行された資料集『神奈川県関東大震災朝鮮人虐殺関係資料』に基づいています。同書には、虐殺への軍隊の関与を示す文書や自警団に関する報告、虐殺に関する証言集など、これまでにあまり明らかにされてこなかった新資料が収録されています。これらの資料は、震災時における朝鮮人虐殺の事実をより深く理解するための重要な手がかりとなります。

公開研究会の概要

日時:2024年3月16日(土)13時30分開会(17時30分終了予定)場所:明治学院大学白金キャンパス 本館10階 大会議場開催方法:対面のみ参加費:無料使用言語:日本語

プログラム内容

プログラムには、報告とコメントが含まれ、震災時の朝鮮人虐殺に関する様々な視点からの考察が予定されています。参加者は、歴史的事実に基づいた深い議論を目の当たりにすることになります。

参加方法

研究会への事前申込みは不要で、どなたでも無料で参加可能です。この歴史的な機会に、関東大震災時の朝鮮人虐殺に関する新たな知見を得るために、ぜひ参加を検討してみてください。

問い合わせ先明治学院大学国際平和研究所(PRIME)

TEL:03-5421-5652FAX:03-5421-5653E-MAIL:prime@prime.meijigakuin.ac.jpこの研究会を通じて、歴史的事実の再検討と、未来への教訓の共有が期待されます。

 Read More

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする