三代目JSB山下健二郎、映画『パンとバスと2度目のハツコイ』内での凛々しいバス運転手画像を初披露

三代目JSB山下健二郎、映画『パンとバスと2度目のハツコイ』内での凛々しいバス運転手画像を初披露2

 ダンス&ヴォーカルグループ『三代目J Soul Brothers』のパフォーマー・山下健二郎(32)が出演している映画『パンとバスと2度目のハツコイ』(監督・脚本:今泉力哉/配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会)での貴重なバスの運転手姿を捉えた場面写真が解禁となった!

 山下は、元アイドルグループ『乃木坂46』の深川麻衣が演じる主人公・市井ふみの中学時代の初恋の相手・湯浅たもつを演じている。

三代目JSB山下健二郎、映画『パンとバスと2度目のハツコイ』内での凛々しいバス運転手画像を初披露1

 解禁された写真の一つは、山下の“凛々しすぎるバスの運転手“姿を捉えた場面写真。普段、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動する姿とは打って変わって、地味で平凡なたもつという男を演じきった山下だが、その出で立ちはまさに爽やかで凛々し過ぎる一枚。ふみのみならず、世の女性の心が揺らいでしまう気持ちも理解できる写真となっている。

 さらに解禁された一枚は、洗車中のバス内から外を見つめるたもつの写真。ふみが働くパン屋に偶然来店し、久しぶりの再会を果たしたたもつは、ふみがずっと夢見ていた「洗車中のバスの中へ入る」ことを叶えるべく、バスの中へと案内するという、劇中でも印象深いワンシーンのカットだけに、その物憂げな表情は何を意味しているのか、ますます気になるばかり。

 また、このバス内での撮影は山下本人もお気に入りのシーンのようで、「普段バスとか電車とか乗っていたんですけど、運転席には座ったことなかったので、実際座ってみて、ドアの開け閉めとかやったりとか、バスの洗車機も初めて見ましたし、そういう経験させてもらってすごく面白かったです」と撮影を振り返る。

 同映画は、昨年、第30回東京国際映画祭に特別招待作品として出品され、乃木坂46を卒業した深川麻衣が映画初出演にして初主演を務めている。

 「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」独自の結婚観を持ち、パン屋で働く市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日まさかの再会をし、妹や同級生など周囲を巻き込みながらも“恋愛こじらせ女子“の恋は動き出すのか!?モヤモヤしながらキュンとする”モヤキュン”ラブストーリー。

 2月17日(土)より全国公開。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする