上戸彩、金魚柄の水色涼やか着物姿で登場!「母や娘、パパとパパの親と、家族が集まる場所になっている」という絶賛スポットとは?

上戸彩、金魚柄の水色涼やか着物姿で登場!「母や娘、パパとパパの親と、家族が集まる場所になっている」という絶賛スポットとは?1

 女優・上戸彩(32)が31日、都内で水族アート展覧会「アートアクアリウム」の記者発表会に出席。今年の「アートアクアリウム」広報大使を務める上戸は「これまでに観たことのある方もない方も新しい作品を観て楽しんでいただきたいし、今年の夏は暑くなりそうなので、金魚を観て涼んでいただけたら。素敵な夏をお過ごしください」とPRした。

 アクアリウムアーティスト・木村英智が手がける、アート、デザイン、エンターテインメントとアクアリウムが融合した水族アート展覧会で、これまでに累計835万人を動員する人気展。今年は江戸時代に金魚文化が花開いた日本橋を皮切りに、金魚の生産地として有名な愛知、金魚発祥の地である中国・上海で開催し、金魚のルーツを辿る。

 この日、木村がデザインしたという金魚の柄をあしらった水色の着物姿の上戸は「涼しげなブルーを着て、夏が来るなぁという感じ」としみじみ。「アートアクアリウム」の広報大使を務めるのは今回で3回目となるが、「毎度私で申し訳ございません、という気持ち。いろんな芸能人の方に伝えてもらったら、もっと広がるのになとも思う。アートアクアリウムは本当にスケールがどんどん大きくなっているので、もっともっと広まってほしい」と笑顔。

 展示される作品については、「毎回観ている作品が違うが、いつも現実じゃないみたい。夢のなかにいるみたいな空間。これまでに2回、京都で開催されたときは、母と娘と、あと、パパとパパの親と家族でまわっているので、私にとっては家族が集まる場所になっている。今回もまた家族の増えたたらいいなと思う」としみじみ。

 会見に同席した木村に「新作はなんですか?」「製作中ですか?」など興味津々に質問ぜめしていたが、「私のお気に入りは着物にマッピングされていたのとか、江戸切子の器で泳ぐ金魚も素敵だった。幻想的でカッコいい。場所(会場)によって出てくる作品が違うので、どこも行ってみたくなりますね」としっとりとPRしていた。

 7月6日、東京・日本橋三井ホールで開幕!

上戸彩、金魚柄の水色涼やか着物姿で登場!「母や娘、パパとパパの親と、家族が集まる場所になっている」という絶賛スポットとは?2

上戸彩、金魚柄の水色涼やか着物姿で登場!「母や娘、パパとパパの親と、家族が集まる場所になっている」という絶賛スポットとは?3

上戸彩、金魚柄の水色涼やか着物姿で登場!「母や娘、パパとパパの親と、家族が集まる場所になっている」という絶賛スポットとは?4

上戸彩、金魚柄の水色涼やか着物姿で登場!「母や娘、パパとパパの親と、家族が集まる場所になっている」という絶賛スポットとは?5

上戸彩

上戸彩、金魚柄の水色涼やか着物姿で登場!「母や娘、パパとパパの親と、家族が集まる場所になっている」という絶賛スポットとは?6

涼やか着物姿

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする