勝地涼 前髪クネ男から脱却も「あっちゃんと結婚したの将軍かよ!」将軍についている“足軽”のキワキワトークに観客も爆笑

勝地涼 前髪クネ男から脱却も「あっちゃんと結婚したの将軍かよ!」将軍についている“足軽”のキワキワトークに観客も爆笑5

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』大ヒット舞台あいさつが開催!

 俳優・勝地涼(31)が25日、東京・新宿バルト9で映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(監督:福田雄一/配給:ワーナー・ブラザース映画)大ヒット舞台あいさつを福田監督とともに開いた。

 漫画家・空知英秋氏が2004年から『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載している大ヒットコミック『銀魂』。TVアニメや劇場アニメーションなどがされていたが、昨年7月についに実写映画化され、大人気となりその続編。“幕府のお偉いさん”の接待を依頼された万事屋(よろずや)の銀時(小栗旬)、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)の3人だったが、そのお偉いさんとは征夷大将軍・徳川茂茂(勝地)で、銀時たちは陰謀に巻き込まれ大騒動に発展していく。

 勝地は自身の役名をイケボであいさつ。観客らからは「将軍かよー!!」との声が返り、これに勝地も嬉しそうに笑みを浮かべるなど一体感の高いスタートを切る。

 将軍として出演の反響も大いにあったそうで「悩んでたことがあって、『前髪クネ男』としか呼ばれないんです」と、朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で1話だけ登場したインパクトのある役があだ名になっていたそう。しかし、本作に出演したことによって「あっちゃん(前田敦子)と結婚したの将軍かよ!って言われますよ。前髪クネ男よりはいいですよ」と、先月末に結婚した妻の前田のことを絡めて話し、観客を爆笑させた。

 トークでは本作にあるというしゃくれた顔をするシーンへ、勝地は「福田組はマジなトーンでバカなことやるっていう伝統があるんです。岡田将生さんから『勝地さんしゃくれらんないんすよ』って相談されて」と、真面目に言われたとも。

 さらには、前作で中村勘九郎が全裸で撮影に臨んだということを引き合いに福田監督は、「セリフの中に“足軽”というものがあって、どうやら勝地くんは“足軽”ではないということだったんです。リアルなものを出すものではなく、勝地くんのものはCGになっています」と、説明し、勝地は「“あれ”は俺のじゃないから」と、キワキワのトークを繰り広げる。

 しかし、前作にて全裸で撮影に臨んだ勘九郎から勝地にプレッシャーがかかったそうで「『当然脱ぐよな』って言われたんです」というやりとりがあったのだとか。とはいえ「橋本(環奈)さんは未成年だし、長澤(まさみ)さんは『私は大丈夫』とは言ってましたけどね」と、女性もいる現場ということでさすがに配慮したそうだ。

 ほかにも、茂茂がブリーフ1枚になったシーンへ勝地は「意外とぴったりで(股間が)もっさりしなかったんですよ。もっさりしすぎると、座ると“出ちゃう”し」と、苦労もあった様子を見せていた。

 イベント後半にはプレゼントコーナーも開催されるなど盛り上がったが、最終盤に福田監督が「このままだと記事の見出しがあっちゃんで『あっちゃん将軍をフライングゲット』になる」と、今月9日の完成披露試写会を引き合いにコメント。同イベントの際には勝地が「あっちゃ~ん!!」と叫んだことで話題になったが、勝地は「叫んだことで『ミキティ~!!』みたいになっちゃったんです」と、お笑いコンビ『品川庄司』の庄司智春が妻・藤本美貴を叫ぶネタのような認定をされてしまうのではという危惧を持ったとも。それでも最後は「使ってやってください」と、観客達に呼びかける一幕もあった。

 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は大ヒット公開中!

勝地涼 前髪クネ男から脱却も「あっちゃんと結婚したの将軍かよ!」将軍についている“足軽”のキワキワトークに観客も爆笑3

秘蔵カットも公開

勝地涼 前髪クネ男から脱却も「あっちゃんと結婚したの将軍かよ!」将軍についている“足軽”のキワキワトークに観客も爆笑4

プレゼントコーナーでサインする勝地

勝地涼 前髪クネ男から脱却も「あっちゃんと結婚したの将軍かよ!」将軍についている“足軽”のキワキワトークに観客も爆笑6

勝地涼 前髪クネ男から脱却も「あっちゃんと結婚したの将軍かよ!」将軍についている“足軽”のキワキワトークに観客も爆笑2

勝地涼 前髪クネ男から脱却も「あっちゃんと結婚したの将軍かよ!」将軍についている“足軽”のキワキワトークに観客も爆笑1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする