吉沢亮 橋本環奈と生で連係プレー見せる!夏菜へ「悔しい」と感じたことや小栗旬へ“すねる”

吉沢亮 橋本環奈と生で連係プレー見せる!夏菜へ「悔しい」と感じたことや小栗旬へ“すねる”1

吉沢亮と橋本環奈が映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』イベントに登場!

 俳優・吉沢亮(24)、女優・橋本環奈(19)が2日、東京・新宿ピカデリーで映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(監督:福田雄一/配給:ワーナー・ブラザース映画)公開記念!神楽&沖田総悟御礼篇イベントを開いた。

 漫画家・空知英秋氏が2004年から『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載している大ヒットコミック『銀魂』。TVアニメや劇場アニメーションなどがされていたが、昨年7月についに実写映画化され、大人気となりその続編。“幕府のお偉いさん”の接待を依頼された万事屋(よろずや)の銀時(小栗旬)、新八(菅田将暉)、神楽(橋本)の3人だったが、そのお偉いさんとは征夷大将軍・徳川茂茂(勝地涼)で、銀時たちは陰謀に巻き込まれ大騒動に発展していく。前作の最終興行収入は38.4億円だったが、本作も公開約2週間で興行収入が20億円を突破するなど人気を博している。

 客席の間を縫って登場し、客席を沸かせてスタートを切った2人。公開後のその反響へ橋本は「何回も観たという方がいらっしゃって、本当にたくさんの方が観てくださっているんだなって」というと、会場には5回以上観ているという多数のファンが手を上げることも。

 神楽と吉沢演じる沖田総悟の共闘シーンも本作見どころの1つ。吉沢は「あそこは神楽と息を合わせないといけなかったので」と、身振り手振りを交えて説明したり、「アクションなので、電車のセットに階段があって、タタタと下がってきて、監督とモニターチェックするというのはやっていて、ひたすらに自分が“格好いい”というのは語ってましたね」という橋本。

 実はその“格好いい”という部分については前作の撮影現場からの“伝統”があるそうで、橋本は「最初に小栗さんから始まったんです。最高に撮影がキマったときだけ『どう?よかった?』って聞きに来るんです」と、小栗発信で、キマったシーンは聞くという風潮ができたのだとか。

 もちろん吉沢としても、「『どう、決まってました?』って、やってましたよ」と、聞いてまわったそう。これに橋本は「アクションシーンがきつかったから、そういってもらわないと……」と、言った部分を吉沢が引き取り、「精神が安定しないというか」と、ここでも橋本と吉沢の連係プレーを見せた。

 イベント中盤では司会からはシーンの解説を2人にお願いすることに。橋本へは佐藤二朗がキャバクラの店長として出てくるシーンだったが、「二朗さんは段取りとか、確認する程度なの何をするか分からなくて。いきなり回りだすし、踊り出すし、全然台詞言わないし、あれは笑っちゃいますね」と、佐藤の演技が読めないと説明。吉沢は夏菜演じる猿飛あやめとのシーンだったが、あやめの状況が思わず笑ってしまうシチュエーションだったっため、「笑いをこらえることに必死すぎて、一番やりたいシーンだったのに、すごい悔しいなと思いましたね。いろんなパターンを考えていたんですけど、いざ本番でやられるとカオスなんです。あんな美人な女優さんが大真面目にやるので」と、後悔もあったようだ。

 さらにそこから、『私、僕の兄貴自慢コーナー?』なるものも開催。これは橋本は小栗に家族ぐるみで仲良くなったこと、吉沢や柳楽優弥と飲みに行くほどまでに親交を深めたということで、小栗と、柳楽自慢をするというもの。

 まず橋本。小栗とは撮影が終わってからも食事に行く仲だそうで、「クランクアップした次の日に、小栗さんのファミリーと菅田くんとお買い物をしに行ったんです。銀座に銀ブラで買い物に行ったんですよ。休みの日を使って、私達と一緒に遊んでもらって、だいぶ過ぎているんですけど、私と菅田くんの誕生日プレゼントでバッグを買ってくれたんです。大盤振る舞いでした」と、小栗の豪気な一面を話すと、「戸塚純貴くんにソファーを買ってあげてました。1人暮らし始めますからというので、その場のノリだけで話していたと思ったんですけど……」と、さらなるエピソードも。

 これに吉沢は、「俺何も買ってもらってないけど」と、すね気味だったが、橋本の勧めで欲しいものをあげることとなり「ベッド、洗濯機でも可!」と、メディアを通じておねだりも。

 一方、柳楽について吉沢は、「2人で飲みに行ったりして、アツく夢の話を語りましたね。『亮くんの世代どうなの?』とか、基本的にどういう女の子がタイプかとか、女の子の話はしちゃいますね。ずっとそんな話ばかりで、飲んでやってました」と、飲み友達感覚なのだとか。そんな飲みの話しだけでなく吉沢は「優しい人だなと思ったのが、記事の見出しで『吉沢の沖田が合いすぎてムカつく』ということになってしまったことがあったんですけど、その後に柳楽さんが、『そういうつもりで言ったんじゃないけど、そこがピックアップされちゃってごめん』と言ってきてくれて。僕としては言ってくれただけで、ありがたかったんですけど、柳楽さんは優しい方だなって」と、人となりを伝える一幕もあった。

 最後に吉沢から「たくさんの方に観てもらっているということで、夏休みは終わりましたけど、『銀魂』の熱い夏は続くぞといことで、一緒に盛り上がってくださったら嬉しいです」と、メッセージを寄せ、橋本も、「1のときもヒットしたら2がありますと言っていましたけど、たくさんの方に観て頂いたら3もあるのではないかと思います。私の頭皮は(髪を染める影響で)薄くなるなと思いますけど、3で新しい話もやりたいなと思いますので、観てない方もたくさん周りに広めて頂けたら」と、呼びかけていた。

 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は大ヒット公開中!

吉沢亮 橋本環奈と生で連係プレー見せる!夏菜へ「悔しい」と感じたことや小栗旬へ“すねる”2

吉沢亮 橋本環奈と生で連係プレー見せる!夏菜へ「悔しい」と感じたことや小栗旬へ“すねる”3

吉沢亮 橋本環奈と生で連係プレー見せる!夏菜へ「悔しい」と感じたことや小栗旬へ“すねる”4

吉沢亮 橋本環奈と生で連係プレー見せる!夏菜へ「悔しい」と感じたことや小栗旬へ“すねる”8

吉沢亮 橋本環奈と生で連係プレー見せる!夏菜へ「悔しい」と感じたことや小栗旬へ“すねる”7

吉沢亮 橋本環奈と生で連係プレー見せる!夏菜へ「悔しい」と感じたことや小栗旬へ“すねる”9

吉沢亮 橋本環奈と生で連係プレー見せる!夏菜へ「悔しい」と感じたことや小栗旬へ“すねる”10

吉沢亮 橋本環奈と生で連係プレー見せる!夏菜へ「悔しい」と感じたことや小栗旬へ“すねる”6

吉沢亮 橋本環奈と生で連係プレー見せる!夏菜へ「悔しい」と感じたことや小栗旬へ“すねる”5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする