引坂理絵 映画プリキュア最新作がギネス認定や感想へ「勝手に涙があふれる」!本名陽子&ゆかなロゴに感激や泣いたシーンとは

引坂理絵 映画プリキュア最新作がギネス認定や感想へ「勝手に涙があふれる」!本名陽子&ゆかなロゴに感激や泣いたシーンとは10

『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア キラキラパティスリーがスイーツの オールスターズメモリーズ <街・パリ>に出店!?』初日が開催!

 『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア キラキラパティスリーがスイーツの オールスターズメモリーズ <街・パリ>に出店!?』(監督:宮本浩史/配給:東映)初日舞台あいさつが27日、東京・新宿バルト9で開かれ『HUGっと!プリキュア』からキュアエール/野乃はな役・引坂理絵、キュアアンジェ/薬師寺さあや役・本泉莉奈、キュアエトワール/輝木ほまれ役・小倉唯、キュアマシェリ/愛崎えみる役・田村奈央、キュアアムール/ルールー・アムール役・田村ゆかり、『ふたりはプリキュア』からキュアブラック/美墨なぎさ役・本名陽子、キュアホワイト/雪城ほのか役・ゆかな、映画ゲスト声優でミデン役の宮野真守が登壇した。

 『プリキュア』シリーズ15周年を記念した作品で、2004年2月から放送が始まった『ふたりはプリキュア』と、現在放送中の『HUGっと!プリキュア』の夢のコラボが実現。2年半ぶりのオールスターズも復活し歴代55人のプリキュアが活躍するという壮大なもの。なお宮野演じるミデンはプリキュアの思い出を吸い取りその技などをコピーするという能力を持っている強敵として立ちはだかる。

 まずは引坂から「映画楽しかったですか?」と、客席にマイクを向けると万雷の拍手が返りこれには引坂もニッコリ。本泉も「みなさんのアスパワワが届いています!」と、勇気づけられたようだった。

 公開を迎えたことへ引坂は、「ようやくという気持ちでいっぱいです。『HUGっと!プリキュア』も放送開始からこの作品にかかわらせて頂いていたので、やっとみなさんの目に触れる日が来たと思って、嬉しく思っています!」と、万感といったようで、本名も「実は今年1月から収録を始めていたんです。きょうの日を待ちわびていて、気持ち的には『ぶっちゃけありえない!』って感じです!」と、なぎさの名台詞を交えて、喜びを爆発させた。

 作品の見どころへ、小倉が「幼少期は見どころの1つなんです。みなさんが工夫して演じ分けていたので」といえば、引坂は「みんながちっちゃくなるじゃないですか!何がとは言いませんがすごくなかったですか(笑)?はなちゃんの気持ちが分かります!」と、プリキュアたちが幼児のように小さくなってしまうところなのだとか。すると田村奈央は、「(自身が演じている)キュアマシェリちゃんをチェックしたらほとんど泣いていたシーンで、本当に頑張ろうって気合が入りました。キャラクター的にも元気な子なので頑張ろうって」と、しみじみ。

 さらに、引坂が「衝撃だったのがルールーがボルトになってたところですね(笑)」というと、田村ゆかりも、「ちゃんと後から大人になって出てきて良かった!あのままボルトに声を当てるのかと思った」と、コメントを寄せほほ笑んだ。

 ほかにも、泣けるシーンはなかったかという質問に、引坂は、「何も考えなくても観ていると勝手に涙があふれるんです。それがこの映画のすごいところだなって。自分も熱意を込めて叫んだり戦って、みんなのためにという気持ちでやりましたけど、演じているときより観たときはさらに涙が出ました」と、熱弁。

 ゆかなも泣いたシーンへ、「悲しい涙も、切ない涙もそうですけど、私はやっぱり55人もいる、タイトル数もこんなにある。1人1人ヒロインとして成り立っている。印象的と言われるシーンが成り立ったことが、あれはただ、悲しいとか切ないとか関係なくファーって感動するんです」といえば、本名は「エンディングを見て、歌を歌われていた五條真由美さんがもともとしていた振り付けが、キャラクターが同じ振り付けをするというか、パワーを発揮した凝縮された思いがするんです。逆に、55人のシーンは笑いが込みあげて多いなって。こんなになるなと思ってなかった」と、率直に語っていた。

 また、別の視点として本名は「劇場で『ふたりはプリキュア』のタイトルロゴが使われるのが初めてなんです!最近では『ふたりはプリキュア Max Heart』が1年目だと信じている方がいるみたいなんですけど、『MAX Heart』は2年目で、『ふたりはプリキュア』は1年目だったことを声を大にして言いたい!!」と、そこは強く訴え、ゆかなも「このタイトルロゴが劇場版で使われていないは、うっかりプロデューサーの鷲尾天さんも気づいてなかったんです(笑)。『ふたりはプリキュア』の映画もなかったので、このロゴを劇場で観て頂けるのがすごく個人的に嬉しいです」と、歴史を積み重ねてきた2人ならではの裏話も。

 イベント終盤には『アニメ映画に登場する最も多いマジカル戦士の数(Most magical warriors in an anime film)』でギネス世界記録(R)に申請中だったことが伝えられ、魔法の力を使うこと、名前と台詞がある、50人以上という条件を本作は満たしたということで、55人で認定されたことが発表。

 この快挙に、東映アニメーション株式会社代表取締役社長の高木勝裕氏も急きょ登壇し、「とても嬉しいです!東映アニメーションとして初の快挙です。大変光栄で嬉しく思っております。15年間プリキュアを続けてこれたのは、ここにいらっしゃいます会場のみなさまと、プリキュのファンの方たちが支えてくれたおかげだと思います。これからも長くプリキュアを続けていきたいと思っています。みなさんのご声援、ご協力などいろいろお願いします」と、引き続いての応援を呼びかけていた。

 最後に本名から「映画を観たことを忘れるくらい、ギネスにビックリしました。それと高木社長から“長く続けて”と頂きましたので、またこうやってみんなで集まれる夢を持ちつつ頑張っていきたいと思います!」と、夢のあるコメントをすれば、引坂は「私達も“マジカルウォーリア”として頑張っていきたいです」と、茶目っけたっぷりに笑いつつ「自分の思い出を振り返りつつ楽しんでもらえれば!」と、アピールしていた。

 『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア キラキラパティスリーがスイーツの オールスターズメモリーズ <街・パリ>に出店!?』は公開中!

引坂理絵 映画プリキュア最新作がギネス認定や感想へ「勝手に涙があふれる」!本名陽子&ゆかなロゴに感激や泣いたシーンとは2

引坂理絵 映画プリキュア最新作がギネス認定や感想へ「勝手に涙があふれる」!本名陽子&ゆかなロゴに感激や泣いたシーンとは4

引坂理絵 映画プリキュア最新作がギネス認定や感想へ「勝手に涙があふれる」!本名陽子&ゆかなロゴに感激や泣いたシーンとは9

引坂理絵 映画プリキュア最新作がギネス認定や感想へ「勝手に涙があふれる」!本名陽子&ゆかなロゴに感激や泣いたシーンとは1

引坂理絵 映画プリキュア最新作がギネス認定や感想へ「勝手に涙があふれる」!本名陽子&ゆかなロゴに感激や泣いたシーンとは2

引坂理絵 映画プリキュア最新作がギネス認定や感想へ「勝手に涙があふれる」!本名陽子&ゆかなロゴに感激や泣いたシーンとは3

引坂理絵 映画プリキュア最新作がギネス認定や感想へ「勝手に涙があふれる」!本名陽子&ゆかなロゴに感激や泣いたシーンとは6

引坂理絵 映画プリキュア最新作がギネス認定や感想へ「勝手に涙があふれる」!本名陽子&ゆかなロゴに感激や泣いたシーンとは7

引坂理絵 映画プリキュア最新作がギネス認定や感想へ「勝手に涙があふれる」!本名陽子&ゆかなロゴに感激や泣いたシーンとは8

引坂理絵 映画プリキュア最新作がギネス認定や感想へ「勝手に涙があふれる」!本名陽子&ゆかなロゴに感激や泣いたシーンとは9

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする