水道橋博士、アウトサイド・アートに「実態と情念が興味深い…誰でもアウトサイダーになり得るよ」5ヶ月ぶり復帰に「少し太ったぐらい」

水道橋博士、アウトサイド・アートに「実態と情念が興味深い…深誰でもアウトサイダーになり得るよ」5ヶ月ぶり復帰に「少し太ったぐらい」1

 漫才コンビ・浅草キッドの水道橋博士(56)が11日、都内・東京ドームシティのGallery AaMoで翌12日からスタートする『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』のプレス内覧会に主催の櫛野氏とともに出席。「誰にでもインサイドはあるので、アウトサイドに表現しうる可能性があるということ。自分にもできるかもというきっかけになるかもしれないし、ゴールデンウィークにお子さんに見せるのもいいと思う」としみじみとPRした。

 日本唯一のアウトサイダー・キュレーターである櫛野氏による書籍「アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダー・アート」の刊行を記念した初の大規模展覧会で、櫛野氏によって集められた70名を超える隠れた芸術家たちの驚きの表現の数々を一堂に集結させたもの。

 この日、「芸能界のアウトサイダーです!」と茶目っ気たっぷりに登場した水道橋博士はもともと櫛野氏と親交があったというが、場内に所狭しと展示された驚異的なアウトサイド・アートの世界に、「書籍でしか知らなかったが、実際に作品をみて、その実態が感じられて興味深い。画面だけでみるのとは違って、情念的なものまでもっと身近に感じられる。(プロ野球の)巨人戦くらい(お客さんに)きてほしい。でもこの展示をゴールデンウィークにやるのかと思ったけどね」とご満悦だ。

 注目の作品については、「”けうけげう”さん。妄想がすごい。架空のお笑い芸人を描いているのだけど、ちゃんと所属事務所もあって、コンビ名が実際の芸人とカブったこともあったらしい。もちろん、カブったコンビ名は変えたみたいだけど。架空芸人だけどしっかりとネタもあって、それが実際の芸人のネタに採用されたこともある。そんな凄い才能の持ち主なのに東北に住んでいて、東京に出てこないとかね。イベントで会って、さっそくスカウトした。その才能は信じがたいよ」と大興奮していた。

 また、過労による体調不良から5ヶ月ぶりに仕事復帰したばかりだが、「体調は大丈夫です。少し太ったかな。食っちゃあ寝、ゆっくり休んでいたよ」と回復ぶりを笑顔で報告していた。

水道橋博士、アウトサイド・アートに「実態と情念が興味深い…深誰でもアウトサイダーになり得るよ」5ヶ月ぶり復帰に「少し太ったぐらい」2

水道橋博士、アウトサイド・アートに「実態と情念が興味深い…深誰でもアウトサイダーになり得るよ」5ヶ月ぶり復帰に「少し太ったぐらい」3

水道橋博士、アウトサイド・アートに「実態と情念が興味深い…深誰でもアウトサイダーになり得るよ」5ヶ月ぶり復帰に「少し太ったぐらい」4

水道橋博士、アウトサイド・アートに「実態と情念が興味深い…深誰でもアウトサイダーになり得るよ」5ヶ月ぶり復帰に「少し太ったぐらい」5

水道橋博士

水道橋博士、アウトサイド・アートに「実態と情念が興味深い…深誰でもアウトサイダーになり得るよ」5ヶ月ぶり復帰に「少し太ったぐらい」6

櫛野展正氏

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする