丸山隆平プレッシャーを感じる仕事は「やりきろうって腹をくくった方がいい」!「TVガイドPERSON vol.94」表紙を飾る

丸山隆平プレッシャーを感じる仕事は「やりきろうって腹をくくった方がいい」!「TVガイドPERSON vol.94」表紙を飾る2

 アイドルグループ『関ジャニ∞』の丸山隆平が11日発売のフォトマガジン『TVガイドPERSON vol.94』(東京ニュース通信社)の表紙を飾っている。

 丸山といえば、13日より放送がスタートとなる『連続ドラマW 大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~』(WOWOWプライム)で主演を務める。そこで同誌では、約13年ぶりの時代劇出演、約6年ぶりの連続ドラマ主演を果たす丸山へ仕事への思い、「原動力であり、生きがい」だというファンへの思いに迫っている。

 同ドラマで丸山が演じるのは、借金まみれのダメ男ながら、お人よしで情にもろい、どこか憎めない愛嬌のある男・辰五郎。インタビューでは、丸山が「“あえて作った”という部分がない」というほど自身に近いキャラクターとの共通点、「現場では“何でも来い”という気持ちでいる」という主役としての意気込みや作品への愛も語る。

 そして、「求められたものに応える」というプレッシャーを感じる仕事にも「やりきろうって腹をくくった方がいい。どんな体験も、意味のないことはない」と、気持ちも語っている。なお、写真家レスリー・キー氏との和洋折衷な写真世界でのセッションが実現したグラビアも必見だ。

 さらに『関ジャニ∞』の横山裕、村上信五、安田章大、大倉忠義や『A.B.C-Z』の本誌未公開カットの蔵出し、映画『ヒノマルソウル ~舞台裏の英雄たち~』主演の田中圭、映画『今日から俺は!!劇場版』出演の磯村勇斗、ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)出演の若月佑美、公式YouTubeチャンネル『RURI CHANNEL』をスタートさせた美弥るりかなど、話題のPERSONたちが次々登場。

 声優特集では、現在放送中のTVアニメ「『A3!』SEASON SPRING & SUMMER」(TOKYO MXほか)で共演中の江口拓也&土岐隼一、今年3月に開設したYouTubeチャンネル『しらいむチャンネル』が話題の白井悠介をクローズアップ。クリエイター特集では、脚本家、映画監督、俳優としても活動し、自身初の小説『またね家族』を出版した松居大悟、ドラマ『ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~』(WOWOWプライム)監督の酒井麻衣氏のインタビューを掲載している。

 フォトマガジン『TVガイドPERSON vol.94』は11日より836円(税別)で発売中!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする