菅田将暉 新曲「星を仰ぐ」MV公開!吹き荒ぶ風となかなか止まない雨のなかでも「みんなの熱量がガシガシ伝わってきた」

菅田将暉 新曲「星を仰ぐ」MV公開!吹き荒ぶ風となかなか止まない雨のなかでも「みんなの熱量がガシガシ伝わってきた」1

 俳優で歌手・菅田将暉の新曲『星を仰ぐ』のMUSIC VIDEO(MV)が3日、解禁となった。

 新曲『星を仰ぐ』は日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)の主題歌となっており、先日配信もスタートしている楽曲だ。

 MVの監督を務めたのは『キスだけで feat. あいみょん』のMV監督や、菅田の初監督作品となった短編映像『クローバー』にて監督補佐を務めた山田健人氏。「菅田くんとの撮影はいつも幻想的で心躍ります。君と世界が終わる日に観てほしい作品です」と、山田氏は語っている。冷たい空の下で、切なく輝く美しいライティングとともに菅田が飾らずに、でも大切に楽曲を歌い上げる姿が印象的な仕上がり。

 菅田はMVへ、「『星を仰ぐ』という楽曲のMV撮影なのに吹き荒ぶ風となかなか止まない雨。凍えそうになりながら空を見上げていました。それでも監督の山田健人をはじめチームのみんなの熱量がガシガシ伝わってきたのでその中に身を委ねるだけの居心地のいい時間でした」と、振り返りつつ、「今いろんなことを闘わねばならない日々。心も体も疲弊している人がたくさんいると思います。束の間でも座って寄り掛かって一息つけた、そんな時気楽に見られる映像で在れたら」と、メッセージを寄せている。

 ■「星を仰ぐ」ミュージックビデオ
 https://youtu.be/bP6S2p8ZU18

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする