矢部太郎“恩人”千原ジュニアとトーク!千原兄弟描きジュニアから「こんな素敵なせいじ初めて見た」と感激や「“ぼくと入江くん”」へ期待も

矢部太郎“恩人”千原ジュニアとトーク!千原兄弟描きジュニアから「こんな素敵なせいじ初めて見た」と感激や「“ぼくと入江くん”」へ期待も2

 お笑いコンビ『カラテカ』矢部太郎(43)、『千原兄弟』の千原ジュニア(47)が17日、東京・新宿の新潮社内で漫画『ぼくのお父さん』(新潮社)刊行記念公開対談を行い、司会はタケトが務めた。

 大ヒット漫画『大家さんと僕』シリーズ完結以来、2年ぶりとなる矢部の最新作。矢部の父で絵本・紙芝居作家のやべみつのり氏をモチーフにした父とともに、40年前の東京・東村山市を舞台につくし取り、自転車の二人乗り、屋根から眺めた花火などノスタルジーとともにほのぼの描かれる作品となる。

 ゲストとなったジュニアと矢部の関係としては、本の帯を描いたこともあるとともに、一緒にディズニーランドにも行ったことのある仲だそう。しかも、絵を描くきっかけになった一因にもジュニアの出演していた番組で矢部が絵が描けるとジュニアが宣伝したことにより番組でも絵を描いたことがあるそうで矢部は「僕も描くの好きだし自信になったというのはあります」と、“恩人”のことを振り返る。

 ジュニアから「すごいところに行きはったなって。本当に素晴らしい、まじで素晴らしい!ほんまにすごい!まず絵、少ない線の数で人のハートを掴むって画家として素晴らしいですね。ネギ1本焼いただけなのに目茶苦茶うまいみたいな。引き算の極地!」と、べた褒め。

 さらに、矢部についてジュニアは「矢部太郎先生の佇まい、芸人のなかにいて、ぽつんといて浮き出るキャラクターって品なんやな。吉本いてよかったよ。品が1番引き立つ事務所。ナベプロとか人力舎やとまだ品ある人いるからね(笑)」と、話して笑いを誘った。

 そんな矢部はジュニアにお礼として本作の世界観ふうに『千原兄弟』を描いた絵を公開。「こんな素敵なせいじ初めて見たわ!うちのおかんは泣くんじゃないかな」というほど大感激だった。

 そして、ジュニアから「いうてもすごいデビュー作やから、それを超えるのはなかなかのプレッシャーでね。これから、ちゃんと素朴な太郎ちゃんが出つつ、ちゃんとテクニカルな部分もあってやっぱすごいなぁと。『カラテカ』やってたからテクニカルな部分出せるんやろうなって。だからそんなことできるんやろうって。いつか“ぼくと入江くん”を読める日を楽しみにしています。(ジュニアが)バイク事故で死にかけてたときに入江がずっと送り迎えしてくれたおかげで、こうしてられるから」と、相方の入江慎也のことを挙げニヤリ。

 すると、矢部も「“ぼくと入江くん”にはそのエピソードも描かせて頂きます!」と、身を乗り出して話していた。

 漫画『ぼくのお父さん』は17日より1265円(税込)で発売中!

矢部太郎“恩人”千原ジュニアとトーク!千原兄弟描きジュニアから「こんな素敵なせいじ初めて見た」と感激や「“ぼくと入江くん”」へ期待も1

矢部太郎“恩人”千原ジュニアとトーク!千原兄弟描きジュニアから「こんな素敵なせいじ初めて見た」と感激や「“ぼくと入江くん”」へ期待も4

矢部太郎“恩人”千原ジュニアとトーク!千原兄弟描きジュニアから「こんな素敵なせいじ初めて見た」と感激や「“ぼくと入江くん”」へ期待も5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする