濵田崇裕 肘上までたすき掛けでまくり&脚も太ももあらわな江戸時代の着物姿ショット公開!その背景やシンドラ初の本格江戸ロケも発表

濵田崇裕 肘上までたすき掛けでまくり&脚も太ももあらわな江戸時代の着物姿ショット公開!その背景やシンドラ初の本格江戸ロケも発表4

 アイドルグループ『ジャニーズWEST』の濵田崇裕が主演し今月26日深夜25時9分から放送となる日本テレビの深夜ドラマ『シンドラ』第16弾『武士スタント逢坂くん!』。本作で濵田が演じる武士の逢坂総司郎の江戸時代の春画師の着物姿が19日、公開となった。

 作品は2019年11月から21年4月まで『週刊ビックコミックスピリッツ』で連載された作品。江戸時代の人気春画師だった武士の逢坂総司郎(濵田)が令和の漫画家・宮上裕樹の元へタイムスリップしてしまうコメディ。武士が、漫画家アシスタントとして現代で生きていくうえ、目の前に現れた1人の女性に一目惚れ?したりと時代を超えて「エロ」に「恋」と、「自分の春」を見つけ出す姿が楽しめる。

 公開された場面写真の背景としては、寛政3年今から230年前、武士の逢坂総司郎は春画師として闇夜で春画を売る日々を送っていた……。春画とは浮世絵の一種。男女の交わりの情景を描いたものであったため、物語では大名の鶯谷寛喜により流布が禁じられていたのである……。

 令和の街に溢れる、「春」に感動が止まらない背景には、決してバレることのできない厳しい時代を過ごしていたことが分かる写真に仕上がっている。

 なお、江戸時代のリアルな情景を映し出すため、シンドラ史上初の本格江戸ロケを決行!街並みや風景も気合の入った作品になっている。

 ※『武士スタント逢坂くん!』過去関連記事
 ・“武士”濵田崇裕と森本慎太郎が令和の世で出会う姿など!「武士スタント逢坂くん!」第1話の場面写真解禁
 ・森本慎太郎 濵田崇裕主演ドラマにレギュラーキャスト起用発表で「上手くサポートできたら」!「武士スタント逢坂くん!」キャスト発表に
 ・濵田崇裕主演の「武士スタント逢坂くん!」主題歌が「ジャニーズWEST」の新曲に!「『昂ぶり』『仲間』をテーマにした飛翔感あるロック」と解説やクランクイン直後映像公開

 ※記事内画像は(c)ヨコヤマノブオ・小学館/NTV・JStorm

濵田崇裕 肘上までたすき掛けでまくり&脚も太ももあらわな江戸時代の着物姿ショット公開!その背景やシンドラ初の本格江戸ロケも発表2

濵田崇裕 肘上までたすき掛けでまくり&脚も太ももあらわな江戸時代の着物姿ショット公開!その背景やシンドラ初の本格江戸ロケも発表1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする