山田涼介&本田翼 映画「鋼の錬金術師」TIFFオープニング舞台あいさつ!「日本の魂みたいなのがブレずにある」と気持ちも

山田涼介&本田翼 映画「鋼の錬金術師」TIFFオープニング舞台あいさつ!「日本の魂みたいなのがブレずにある」と気持ちも1

映画「鋼の錬金術師」TIFFオープニング舞台あいさつを開催!

 『Hey! Say! JUMP』山田涼介(24)、女優・本田翼(25)が25日、東京・六本木のEXシアターで映画『鋼の錬金術師』(監督:曽利文彦/配給:ワーナー・ブラザース映画)舞台あいさつを曽利監督らとともに開いた。

 “ハガレン”の愛称で親しまれる世界累計7000万部超の荒川弘氏の人気漫画が原作。錬金術が存在するという架空の世界を部隊に錬金術師のエルリック兄弟の生き抜く姿が描かれたファンタジー。2度のアニメ化がされ、その結末に感動する視聴者が続出した作品だ。『第30回東京国際映画祭』(通称:TIFF)オープニング作品として登壇となった。

 山田は黒で統一したコーデで登壇。東京国際映画祭という場所に「緊張しています」と苦笑いを漏らしつつ、「オープニング作品に『鋼の錬金術師』を選んで頂き本当に光栄です。ありがとうございます!」と、まずはお礼を。

 本田は「私自身な前回、東京国際映画祭に来たのがクロージングの作品だったので、今度はオープニングの作品で立てて嬉しく思っています」と、万感といったよう。

 作品の見どころへ、本田は「愛のところだと思います」と切り出すと、「家族愛は普遍だなと思っているんですけど、兄弟愛にフォーカスが当たっていて、その部分をみなさんに観てもらいたいなと思っています」と、訴える。

 山田は、「この作品は原作が世界中のみなさんに愛されている作品ですが、世界中のみなさんが好きな理由って、日本の魂みたいなのがそこにブレずにあるからかなと思っているんです。実写版も日本のみなさんだけではなく世界のみなさんに愛して頂ける作品になったんじゃないかなと思っています。内容も濃いものですので世界中のみなさんに愛してもらえれば!」と、呼びかけその場を後にした。

山田涼介&本田翼 映画「鋼の錬金術師」TIFFオープニング舞台あいさつ!「日本の魂みたいなのがブレずにある」と気持ちも2

本田翼

山田涼介&本田翼 映画「鋼の錬金術師」TIFFオープニング舞台あいさつ!「日本の魂みたいなのがブレずにある」と気持ちも4

山田涼介&本田翼 映画「鋼の錬金術師」TIFFオープニング舞台あいさつ!「日本の魂みたいなのがブレずにある」と気持ちも3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする