田中圭 眼鏡をかけスーツ姿でネクタイに手をかけ花の上に横たわり意味深表情!「女子高生に殺されたい」映画化主演で女子高生に殺されたいがために高校教師に【田中コメント全文】

田中圭 眼鏡をかけ、スーツ姿でネクタイに手をかけ花の上に横たわり意味深表情!「女子高生に殺されたい」映画化で主演で女子高生に殺されたいがために高校教師に【田中コメント全文】1

 俳優・田中圭(37)が2022年4月より公開予定の映画『女子高生に殺されたい』(監督:城定秀夫/配給:日活)を主演することが24日、発表となった。

 『ライチ☆光クラブ』『帝一の國』などの漫画家・古屋兎丸氏の画業20周年を記念した同名コミック。女子高生に殺されたいがために高校教師になった男・東山春人(田中)の9年間におよぶ、前代未聞の“自分”殺害計画を描いた作品。一見、常識的な人間でありながら、自らに潜む衝動を抑えられない男という難しい役どころを、不気味さと色気を併せ持つ狂気をはらんだキャラクターとして体現し、見てはいけない人間の深層心理まで浮かび上がらせる。

 今回の映画化決定に合わせて、田中演じる高校教師・東山春人のスペシャル・ビジュアルと特報が解禁!眼鏡をかけ、スーツ姿でネクタイに手をかけた春人が、華麗な花の上に横たわり、意味深な表情でこちらを見つめたビジュアル。その春人の瞳の先には、一体何が写し出されているのか……。

 さらに、田中からロングメッセージも届いた。以下、全文。

 みなさまメリークリスマス!どんなイブを過ごされているでしょうか。
 『女子高生に殺されたい』という、クリスマスに発表するようなタイトルではない映画が公開されます!
 そんな物騒なタイトルではありますが、初めて台本を読んだ時
 撮影に入るのが物凄く楽しみになった、ワクワクする台本でした。
 不気味なのにカッコいい雰囲気が漂うスタッフさんの画作りや、監督のこだわりに唸っていた日々を思い出します。
 新たな役と出会い不思議な毎日を過ごしていたらあっという間に撮影が終わってしまい…。しばらくフワフワしていたら、最初の5分を編集した場に立ち会ったプロデューサーから、「田中さん、これ傑作です。」という言葉を頂きました。
 田中、いろいろやらせていただいておりますが、たった5分で傑作と言わせる作品に出会ったことはありません。
 これはより完成が楽しみだなと、今からわくわくしています。
 なかなか見る事のできない邦画好きにはたまらない作品になっていると思います。是非楽しみにしてください!!
 「女子高生に殺されたい」とは、どういう意味なのか。不思議なサスペンスを味わってください!!

 映画『女子高生に殺されたい』は2022年4月全国ロードショー予定!

 ■特報YouTubeリンク
 https://youtu.be/_TUZq-kGlHU

 ■スタッフコメント
 ○監督・城定秀夫コメント
 古屋兎丸先生の漫画はガロでのデビュー作「Palepoli」からリアルタイムで読んでおり、あの繊細な線が紡ぎだすダークな世界に、当時映画を志す大学生だった僕は魅了されていたわけですが、まさか将来自分が古屋漫画原作の映画を監督できるとはゆめゆめ思ってもいませんでした。しかも主演は田中圭さんです。田中さんが女子高生に殺されたくて殺されたくてたまらないマッドティーチャー東山春人を生き生きと演じているわけですから、これはもうオモシロイに決まってますよ!
 受動型猟奇願望を扱った従来のサスペンス映画にはない古屋先生の発明的物語と、まだ誰も見たことのない田中圭さんをお披露目できる日が今から楽しみで仕方ありません。

 ○原作・古屋兎丸コメント>
 「もしも僕が映画を撮るとしたらどんな物語にするか」このお題を元にこのお話は出来ました。
 勿論自分で撮ることは出来なかったのですが今回こうして最強の布陣で映画化されることを嬉しく思います。
 城定監督はこれまでメジャーとマイナーの垣根を越えて数多くの映画を生み出してきた方でその立ち位置が僭越ながら自分と共通する部分を感じていて、この映画化にはピッタリな方だと思います。監督が執筆されたオリジナル要素を足した脚本も「こうすれば良かった」感ありましたし、撮影現場での職人的な手際の良さにも感嘆しました。
 そして主演の田中圭さんはいい人役のイメージがあったので強烈な二面性と狂気が漂う今作の春人役でどんな演技を見せてくれるのか楽しみにしてます。
 誰にも言えない二面性と願望。
 異様だけど儚く美しい。そんな今作を皆様も楽しみに待ってて下さい。

 ※田中圭過去関連記事
 ・田中圭 永野芽郁から「ミステリアスなんて誰一人思ってないですよ!」や「もうそういうとこおっちゃめー!」なエピソード次々暴露!「僕がすごく好きな感じ」の部分とは?
 ・田中圭「怖い夢を見て泣きました」に石原さとみ 永野芽郁と正反対の対応で場内爆笑!「そこ言ったらダメでしょ」と事前にストップかける“父娘”姿も
 ・田中圭「俺からの……バトンを」とお茶目さから“娘”を“召喚”!永野芽郁からは寝癖が「芸術」で「写真展を開いてほしかった」や「よく分からない嘘」への対処法も【田中コメント部分ほぼ全文】

 ※記事内画像は(c)2022 日活

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする