ELAIZA Sia監督の「ライフ・ウィズ・ミュージック」日本語主題歌オファーに「あのシーアの歌を私が歌うんですか!?」「パニックになりました」!観客前に生歌唱も

ELAIZA Sia監督の「ライフ・ウィズ・ミュージック」日本語主題歌オファーに「あのシーアの歌を私が歌うんですか!?」「パニックになりました」!観客前に生歌唱も3

 歌手・ELAIZAが13日、東京・TOHOシネマズ 日本橋で映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』(監督・製作・原案・脚本:シーア/配給:フラッグ)登壇イベント付きプレミア試写会に登場した。

 ステージでは素顔を見せない“顔なきポップスター”として活動するシンガーソングライター・Sia(シーア)が初監督を務める本作。生きる希望を失い孤独に生きていた主人公・ズーが、自閉症の妹・ミュージックとの生活をはじめたり周囲の助けで孤独や弱さと向き合い居場所を見つけていくというハートフルな物語。ズーが生きる希望を見出していくドラマシーンと、登場人物の心情を表現したカラフルでポップな音楽シーンを交錯させていることも特徴だ。ELAIZAは、俳優、映画監督、モデルと活動している池田エライザのアーティスト名義で、日本版カバーソング主題歌『Together』を歌唱していることからゲストとなった。

 淡いグリーン衣装で登場したELAIZA。楽曲のオファーがあったときのことへ「正直に申しますと、ちょっとよくわからなかったです。あのシーアの歌を私が歌うんですか!?と。規模が大きすぎてこの人達は一体何を言っているんだろうとパニックになりました。でも、お話を聴いてみると、代表する曲があり、それを日本語に書き直して、こういう場で歌う機会があるのでカバーしてほしいと。映画を観て素晴らしかったので、これは参加したいとなったのがきっかけです」と、心情ともに経緯を話す。

 作品の感想へは、「アーティストとして活動しているシーアが務めた映画という先入観がなくなるくらい素晴らしい映画です。ふとした瞬間に胸が熱くなったりとか、急ぎ足で生活していて見逃しそうな、ささやかな尊いものに気づかせてくれた作品でした。壮大な出来事じゃないからこそ、登場人物たちが身近に感じるんです。何か振り返ったり、気づいたりするときに、その側には愛情があったんだなという素朴なことに立ち返らせてもらえるんです。ですから、登場人物たちに共感したり、心を動かされたりしました」と、ポイントともに熱弁を振るった。

 そんな愛を描いた作品を通して、「愛されているなと思うのは、案外時間差があるのかなと思っているんです。子供のころ、できなかったことが大人になってできる瞬間があるじゃないですか。お父さん、お母さんが思っていたことがふとよぎると、すごく愛されていたんだなと感じてました。そのとき、言葉や愛情というものは脳とか体に残り続けるのかなって思います。逆もあって、私なら言いたくなるのに、言わないでいたお母さんって偉いなって思うことがあります」と、愛情についても感じたことがあるそう。

 それだけに苦しいときを救ってくれたのも「やっぱり家族ですかね」というELAIZAは、「とくに姉のような母とはすごく仲がいいんです。母はたくましくて、弱音を吐くと『くだらないことを言わないで!』と怒られて厳しいと思ったんですけど、今思うと『そんなことを言ってないで、前を向きなさい』ということだったのかなって思って」と、感謝していた。

 そこから、人生のターニングポイントは?という質問が。「いまの事務所に所属したときですね。生まれてちょこちょこお母さんに連れられて写真を撮ることはあったんです。いままで習い事みたいだったことが、お仕事になり年齢関係なく現場にいる限りはプロとして立ち振る舞わないといけないですし、上辺だけではない礼儀があるからこそ流れが円滑になるというか。そういういろんなことを教えてくださっています」と、感謝をしていた。

 楽曲『Together』へは、『明日への希望』『信じてくれる人達=居場所』は必ず見つかるというメッセージを込めているというELAIZA。とくに、「大好きなフレーズはたくさんあるんです。2番の『もう大丈夫 その心には虹が見える 私の天使 きのうにバイバイ 明日はおはよう』ということが優しくて」と、しみじみだった。

 そして楽曲をフルで生歌唱。「しっかり歌おうというより、歌に便乗する感じで。ガムシャラにやらせて頂きました」と、充実の表情を浮かべていた。

 最後にELAIZAから、「きっとみなさまにとて大切な映画になると思いますし、私にとってはとっても大切な映画にりました。私は映画館が大好きで、自分がまた何か新しいものに出会えるのではないかとワクワクすることに出会うことが好きなんです。この作品は気持ちの部分でも、映像表現でもみなさまをきっと前向きな気持ちにしてくださったり、音楽のパワーを感じて頂けるのではないかと思います」と、アピールしていた。

 映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』は25日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開予定!

 ※池田エライザ過去記事
 ・浜辺美波「賭ケグルイ」は「抱きしめてわしゃわしゃしたくなる」ほどの思い入れ!藤井流星、池田エライザ、森川葵へ「私たちを勝たせてください」とお願いも
 ・藤井流星 不気味な笑い声をあげながら舞う!高杉真宙、池田エライザ、森川葵、浜辺美波演じる「映画 賭ケグルイ」キャラクター特別映像5編が解禁
 ・池田エライザ2021年は「何が起きてもパワフルにやるしかない」!三太郎CMで披露した楽曲「みんなってエブリワン!」メイキング&インタ公開

ELAIZA Sia監督の「ライフ・ウィズ・ミュージック」日本語主題歌オファーに「あのシーアの歌を私が歌うんですか!?」「パニックになりました」!観客前に生歌唱も2

歌唱披露するELAIZA

ELAIZA Sia監督の「ライフ・ウィズ・ミュージック」日本語主題歌オファーに「あのシーアの歌を私が歌うんですか!?」「パニックになりました」!観客前に生歌唱も1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする