長谷川博己 役作り成功も「プールに入るのがちょっと嫌になって」!綾瀬はるか エンドロールのために頑張るも「結局使われなかったよね(笑)」

長谷川博己 役作り成功で「プールに入るのがちょっと嫌になって」!綾瀬はるか エンドロールのために頑張るも「結局使われなかったよね(笑)」5

 俳優・長谷川博己(45)、綾瀬はるか(37)が25日、都内で映画『はい、泳げません』(監督:渡辺謙作/配給:東京テアトル リトルモア)公開直前イベントを渡辺監督(51)とともに開いた。

 本作は泳げない男と泳ぐことしかできない女の、希望と再生の物語。頭でっかちな言い訳ばかりするカタブツな哲学者・小鳥遊雄司(たかなし・ゆうじ)を長谷川、主人公に水泳を教えるコーチ・薄原静香(うすはら・しずか)を綾瀬が演じる。

 作品へ長谷川は、「記憶と再生の映画だなって。誰にでも共感できるのではないかなと思いますね。記憶に向き合って再生していくという普遍的ないい映画だと思います」と話すと、綾瀬は、「小鳥遊さんの過去と向き合っているものが、ズシッと来るようなものを渡辺監督の映像と面白い感じで撮っています。不思議な感じがして不思議ないい映画だなと感じています」。

 長谷川と綾瀬は本作で2013年に綾瀬主演のNHK大河ドラマ『八重の桜』以来、8年ぶりに共演。長谷川は綾瀬の印象へ「ますます華々しくて素晴らしいですし、久々にお芝居するというのですっと入っていけた感じがして、違和感なくやらせて頂きました」と、息はしっかりと合うものになったよう。

 綾瀬は「私もその後仲良くさせてもらっているということもあって、一緒にやっていて楽しくやれました」と共演を楽しむとともに、長谷川が「この役もピッタリだなと思う部分があったんです。1点を思考を突き詰めていく感じとか、もがいている感じをみなさんが支えてくれるというところが」と、役との共通項を挙げる。すると長谷川は「この作品はいろんな女性に支えられていくので、合っていると思いますよ」と、軽やかに返す。

 逆に綾瀬の演技へ長谷川は「先生っぽかったんですけど、彼女の持っている無邪気さ、天使的な雰囲気というか完璧な感じですね。笑顔はキュートなので」と、称えていた。

 撮影で苦労した部分へ長谷川は、「監督が結構プールの中での撮影を求めるので、なるべく沈んでないといけないんです。沈んでいるためには息を抜かないといけないですし、そこで何かするのですごく苦しくて」と、呼吸の大変さを話すと、渡辺監督は「おかげでいい画が撮れました」と、ねぎらう。

 さらに、長谷川は“泳ぐことができない”という役作りとして、「綾瀬さんはコーチさんから綺麗な泳ぎを教わってましたけど、僕は逆をしようと思ったんです。水恐怖症という役なので、水が嫌いになるという感覚を作っていかないといけなくて」と、頑張った結果、「プールはもともと行っていて基本泳ぐのが好きですけど、プールに入るのがちょっと嫌になって。なのでちゃんと役作りできていたんじゃと思って」とも。

 綾瀬は「学生以来水泳をやっていなかったのでコーチに週2ペースくらいで教えてもらったんです。いかにプロっぽくというのでクロールだけを練習していたんですが、監督がエンドロールで、『4種目撮りたくなったからやって』と言われて、バタフライとかもやったんですが……」といいあぐねていると、長谷川が「結局使われなかったよね(笑)。撮影を終わった後にコーチと一緒に練習してたのに」と、暴露すると渡辺監督は「それはメイキングで」とタジタジだった。

 イベント後半では、作品にかけてできないことを発表。『服を捨てられません』とフリップに記した長谷川は、「とりあえず買っちゃおうというところで、断捨離とかしないといけないのかなと思って」と、服が増えているそう。しかし、本作でもその服のなかから「衣装は靴とか使わせてもらったり、体に合うシャツだとかは何点か使わせてもらいました」と、しっかり利用する場所もあるようで「だから捨てなくていいなと(笑)」と、結論づけて沸かせることもあった。

 そして長谷川から「生きることに対して前向きになれます。生きることへの讃歌になっていると思います。ファンタジーチックなところもあって、ジブリ作品のファンタジーさに近いところがあるなと思っています。すごく楽しめたんですけど、ぜひ、これは本当に大画面で観て頂きたいなと思って。幻想的で美しい映像だろうなと。映画館という異界の中でこの作品を楽しんで頂けたら」と、メッセージを寄せていた。

 映画『はい、泳げません』は6月10日より全国公開予定!

長谷川博己 役作り成功で「プールに入るのがちょっと嫌になって」!綾瀬はるか エンドロールのために頑張るも「結局使われなかったよね(笑)」4

長谷川博己 役作り成功で「プールに入るのがちょっと嫌になって」!綾瀬はるか エンドロールのために頑張るも「結局使われなかったよね(笑)」1

長谷川博己 役作り成功で「プールに入るのがちょっと嫌になって」!綾瀬はるか エンドロールのために頑張るも「結局使われなかったよね(笑)」2

長谷川博己 役作り成功で「プールに入るのがちょっと嫌になって」!綾瀬はるか エンドロールのために頑張るも「結局使われなかったよね(笑)」3