上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」

上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」1

©️永井豪/ダイナミック企画・舞台「Cutie Honey Emotional」製作委員会

 女優・上西恵(24)が6日、東京・池袋のサンシャイン劇場で主演舞台『Cutie Honey Emotional』(脚本・演出:松多壱岱)の報道陣向け公開稽古を行った。キューティハニー役を演じる上西は「話もおもしろくてアクション、ダンスもあるので、原作ファンにも”エモい”と思ってもらって、舞台版のファンを増やしたい。(主要キャストは)みんなアイドル経験者なので、アイドル時代に経験してきたことを出していけたら」と熱気ムンムンに意気込んだ。

 漫画家・永井豪の代表作で日本の変身バトルヒロイン物の元祖である「キューティーハニー」を舞台化したもので、原作をモチーフに歌、ダンス、アクションを散りばめた至極のエンターテインメント。

 この日は稽古前に上西、佐藤日向(21・ジャンパーハニー役)、西葉瑞希(20・スイーツハニー役)、鹿目凛(サイバーハニー役)、平塚日菜(19・ラブリーハニー役)と5人の”ハニー”が報道陣の取材に応じたが、「それぞれの武器も名前にちなんだものになっているし、細かいところまでこだわっている作品なので、何度も観て咀嚼してほしい」(佐藤)、「”エモーショナル”にふさわしいアクション、ダンスがあって、私たちのなかに生まれる”エモーション”を感じほしい」(西葉)、「初舞台ですごく不安だったが、みんなが助けてくれて、みんなで頑張ろうというスゴいいい関係が築けた」(鹿目)、「全員が女性キャストなので、女の子だけで創られる空間や雰囲気を楽しんでほしい」(平塚)とそれぞれ想いを込めた。

 制服とハニースーツという2つの衣装や早着替えも話題だが、上西は「ハートがついていたりかわいさもありつつ、ピタッとしていてカラダのラインがわかるなど、ちゃんとセクシーなところもある。変身シーンは早着替えが不安だがちゃんと成功させたい。スゴい楽しみにしていてほしい。ハニースーツだからカラダのシルエットがわかるので、ダンスでお尻がキュッとなるように腰が痛くなるくらいまで頑張った」とお色気シーンにも気合十分だった。

 作品は同日から同所にて開演。

上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」2

上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」3

上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」4

上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」5

上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」6

上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」7

上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」8

上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」9

上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」10

上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」11

5人の”ハニー”

上西恵、舞台版キューティーハニー役でセクシー全快!「カラダのラインがわかるので、お尻キュッとなるくらいまでダンス頑張った」12

上西恵

©️永井豪/ダイナミック企画・舞台「Cutie Honey Emotional」製作委員会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする