池川侑希弥主演「雑魚どもよ、大志を抱け!」本予告!少年の叫び

池川侑希弥主演「雑魚どもよ、大志を抱け!」本予告!少年の叫び5

 関西ジャニーズJr.でアイドルユニット『Boys be』の池川侑希弥主演で2023年3月24日から公開を予定している映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』(監督:足立紳/配給:東映ビデオ)。本作の本予告と場面カットが23日、公開となった。

 仲間たちとのバカな遊びやいたずらに夢中なやんちゃな男子・高崎瞬(池川)が主人公。とある地方の町を舞台に、少年時代の“葛藤と前進”、“出会いと旅立ち”を描いた物語となっている。

 予告では、「トンネルを走り抜けると願いが叶うって、本当かな。」という地獄トンネルのジンクスを確かめるために、トンネルの前に立ちはだかるのは本作の主人公・高崎瞬(池川)、体格の良い瞬の親友・隆造(田代輝)、宗教2世のいじめられっ子のトカゲ(白石葵一)、メガネをかけて目指せ東大一直線の正太郎(松藤史恩)の仲良し4人組。

 そこへ、映画監督を夢みる西野(岩田奏)と出会い、楽しく映画を作り始め楽しい日々が一生続くかと思っていた矢先に、ツッパリ中学生の舎弟・明(蒼井旬)が西野をいじめていることが発覚。「か、監督が!」と焦るトカゲの姿を前に瞬は「俺たちに何ができる」と卑怯で弱虫な部分が顔を出し、仲間たちに不穏な空気が流れ始める中、隆造は犯罪歴があるヤクザ父親(永瀬正敏)との流血騒動が起こり……人生は優しくはなく一筋縄ではいかないことを痛感し始めた少年たちの青春映画であることが描かれている。

 後半はインナージャーニーが歌う主題歌『少年』が少年たちの背中を押すようにアップテンポな曲に合わせて、瞬と隆造の熱い友情や、転校生の武道派きどりの小林(坂元愛登)と明の師匠ツッパリ中学生を前にも怯むことのない2人の姿、別れを惜しむシーン、さらに瞬や隆造の「僕にも勇気をください」、「俺、普通の子になりたいんだよ。お前みたいに普通がいいんだよ」、「俺はお前らの本当の仲間になりたい、信じてもらえる奴になりたい」など少年たちの胸の内の叫びも飛び交い、怒涛の展開を予感させる60秒となる。瞬は大切な仲間のために死に物狂いになりながらどのように成長し、どのような物語の結末が待っているのか……。

 さらに本予告の中から印象的なシーンを集めた新規場面カットも解禁いたします。

 映画『雑魚どもよ、大志を抱け!』は2023年3月24日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開予定!

 ※記事内画像は(C)2022「雑魚どもよ、大志を抱け!」製作委員会

 ■本予告URL
 https://youtu.be/AFsw9g_gkgk

池川侑希弥主演「雑魚どもよ、大志を抱け!」本予告!少年の叫び2

池川侑希弥主演「雑魚どもよ、大志を抱け!」本予告!少年の叫び3

池川侑希弥主演「雑魚どもよ、大志を抱け!」本予告!少年の叫び4

池川侑希弥主演「雑魚どもよ、大志を抱け!」本予告!少年の叫び1