白石麻衣「乃木坂46」時代のメイクから1人の女性としてのメイクへ「注目しています」!美脚特集で足を組んだときが「ちょっとドキドキ」【「ananAWARD」授賞式後質疑応答全文】

白石麻衣「乃木坂46」時代のメイクから1人の女性としてのメイクへ「注目しています」!美脚特集で足を組んだときが「ちょっとドキドキ」【「ananAWARD」授賞式後質疑応答全文】2

 モデル・白石麻衣(28)が18日、都内で『ananAWARD』のミューズに選出されたことから授賞式に登場。終了後に報道陣の取材に応じた。

 雑誌『anan』は、創刊50周年を記念して開催。今月8日には、『SixTONES(ストーンズ)』と『Snow Man(スノーマン)』が『ananAWARD 2020 大賞』を、松任谷由実と林真理子が『ananAWARD 50th 大賞』を、黒柳徹子が『ananAWARD 特別賞』をそれぞれ受賞している。白石といえば先月、アイドルグループ『乃木坂46』を卒業している。その年最も読者の共感と憧れを集めたことから表彰となった。

 受賞したいまの気持ちへ「すごく記念になる年に、私個人としてもグループを卒業して初めて頂けた賞なのでとても嬉しいです。今後ともさらに頑張っていけたら嬉しいなと思っています」と、前を向く。

 これまでにも『anan』の表紙を数多く飾った白石だが、印象的だったことなどへ「どの撮影も印象に残っているんです。そのなかで美脚特集のときに、足を組んだ表紙だったんですけど、あまりとらないポージングで撮影したので、ちょっとドキドキといいますか、緊張感があるなかでの撮影だったので、すごく思い出に残っています」とのこと、

 もし、次に『anan』の表紙を飾るとしたらどんな特集の表紙を飾りたいか問うと、「個人的に占いも好きなので、そういう企画もできたら嬉しいですし、美ボディーとかにも興味があるので、いつかできたらいいなと思っています」とのことだった。

 続けて、白石がいま好きなことはないかと尋ねると、「メイクにはずっと興味があるんですけれど、『乃木坂46』を卒業して、いままではアイドルに近いメイクでしたけど、これからは1人の女性として挑戦していくなかで、いろんなメイクのポイントだったり、トレンドが気になるので、メイクには注目していますね」と、これからの自分のためという意味も込めた。

 そして、ファンへ向けて、「このような素晴らしい賞を頂けて本当に嬉しく思います。ありがとうございます。今後は、私自身もグループを卒業して1人で女優業だったりファッション業だったり、いまYou Tubeにも興味があることをやらせて頂いているので、いろんな分野で活躍できるように頑張っていきますので、今後とも応援よろしくお願い致します。ありがとうございました」と、笑顔であいさつしその場を後にした。

白石麻衣「乃木坂46」時代のメイクから1人の女性としてのメイクへ「注目しています」!美脚特集で足を組んだときが「ちょっとドキドキ」【「ananAWARD」授賞式後質疑応答全文】6

白石麻衣「乃木坂46」時代のメイクから1人の女性としてのメイクへ「注目しています」!美脚特集で足を組んだときが「ちょっとドキドキ」【「ananAWARD」授賞式後質疑応答全文】5

白石麻衣「乃木坂46」時代のメイクから1人の女性としてのメイクへ「注目しています」!美脚特集で足を組んだときが「ちょっとドキドキ」【「ananAWARD」授賞式後質疑応答全文】4

白石麻衣「乃木坂46」時代のメイクから1人の女性としてのメイクへ「注目しています」!美脚特集で足を組んだときが「ちょっとドキドキ」【「ananAWARD」授賞式後質疑応答全文】1

白石麻衣「乃木坂46」時代のメイクから1人の女性としてのメイクへ「注目しています」!美脚特集で足を組んだときが「ちょっとドキドキ」【「ananAWARD」授賞式後質疑応答全文】3

スポンサーリンク
借金問題解決

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする