宇垣美里アナ「集めたいオタク欲」が出る化粧品とは?「こんな幸せなことはあるんだろうか」と持論も展開

宇垣美里アナ「集めたいオタク欲」が出る化粧品とは?「こんな幸せなことはあるんだろうか」と持論も展開3

宇垣美里アナがカネボウ化粧品『ミラノコレクション2020』商品説明会に登場

 元TBSアナウンサーでフリーアナウンサーの宇垣美里(28)が3日、東京・青山 セントグレース大聖堂でカネボウ化粧品『ミラノコレクション2020』商品説明会に登場した。

 株式会社カネボウ化粧品のおしろいのプレミアムブランド『ミラノコレクション』から最新作『ミラノコレクション フェースアップパウダー2020』を今年12月1日より限定発売!2020年には30周年を迎えることもあり、発売記念のイベントに登場した。

 製品の世界観に合わせ、ベージュのロングドレス姿で登場した宇垣アナ。今年4月からフリーで活動をはじめて以降、メディアの前に出ることが多くなったものの「毎度毎度緊張します」と、まだまだ慣れないのだとか。

 『ミラノコレクション』シリーズへは「母が買っていて大人にならないと買えないと思っていて、憧れの化粧品だと思っていました」と、見上げるような気持ちだったそう。18、19歳の大学生時代からメイクをはじめたという宇垣アナだが、実際に使えるようになって「このパウダーはどれだけ塗り固めても肌がいきいきしていて」と、使いやすいそうだ。

 会場では本製品の5つのポイントの説明。その効用に感心したり、その特徴的なパッケージへ「置いているだけで、宝箱を並べているみたいで、集めたいというオタク欲が出てきて」と、収集欲を掻き立てられたようだ。

 会見後半はメイクアップアーティスト・KUBOKI氏も加わる。この日の宇垣アナのメイクはKUBOKI氏が担当したそうで、「チャーミングな方なので少しピンクトーンで、チークもピンクトーンでまとめています。ワントーンでまとめて、清楚な印象で可愛らしさもありつつ、品のあるメイクを心がけました」と、コンセプトを話すと、宇垣アナは「名画から出てきたような、ふわっとしていうような儚げな感じで、鏡を見て『やった!』と気持ちがアガりました」と、笑みが浮かんだのだとか。

 KUBOKI氏のメイクアップ術を習いながらメイクへ「自分で自分の好きな状態にできるのでこんな幸せなことはあるんだろうかって気持ちです」と、持論を展開することもあった。

 現在のオスカープロモーションへの所属となったものの、まだ同社のタレントとは4、5人しか会えていないといい「テレビで観ていた方々なので、ファンですとか言っちゃうんでしょうね」と、思い浮かべたり、今後ヘは、「いろんなお仕事まだまだできていないことがあるので、たくさんチャレンジしていきたいです。化粧品も大好きなのでかかわっていければ」と、展望を話していた。

宇垣美里アナ「集めたいオタク欲」が出る化粧品とは?「こんな幸せなことはあるんだろうか」と持論も展開1

宇垣美里アナ「集めたいオタク欲」が出る化粧品とは?「こんな幸せなことはあるんだろうか」と持論も展開2

宇垣美里アナ「集めたいオタク欲」が出る化粧品とは?「こんな幸せなことはあるんだろうか」と持論も展開

宇垣美里アナ「集めたいオタク欲」が出る化粧品とは?「こんな幸せなことはあるんだろうか」と持論も展開4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする