麒麟・川島明 壇蜜と天野喜孝氏描いた法華経画に大興奮で「ゲーム好きな人はまず絵に圧倒される」!「グッとラック!」後番組へ準備で話が来たときは「ドッキリだと思って」

麒麟・川島明 壇蜜と天野喜孝氏描いた法華経画に大興奮で「ゲーム好きな人はまず絵に圧倒される」!「グッとラック!」後番組へ準備で話が来たときは「ドッキリだと思って」1

 お笑いコンビ『麒麟』川島明(42)、タレント・壇蜜(40)、イラストレーター・天野喜孝氏(68)が12日、東京・大崎の立正大学 品川キャンパス 石橋湛山記念講堂ホールで『日蓮聖人降誕800年 日蓮宗記念事業 記者発表会』に登場した。

 日蓮宗の宗祖である日蓮聖人の降誕800年を迎え、イラストレーター・天野喜孝氏による法華経画の制作や、現代を生きる我々が抱える課題=SDGsの17の目標にも通じる法華経の数々の教えを分かりやすくいまに伝える記念事業となる。“次なる800年後”まで残すキャッチコピーの一般応募「世界を変えるキャッチコピー大賞」などの取り組みも行われることがアナウンスされた。

 川島と壇蜜は応援ゲストとして登場。壇蜜は「芸名は仏教から頂きました」と、親和性のいい名前とアピール。

 天野氏が1年かけて手掛けた法華経画が公開され、壇蜜は「最初見て、綺麗だな、お肌の色が美しいなと感じて。美しいポーズをとっているし、1人人間以外の生き物がいて、人の作りしものとのいう感じがしています」と、感想を。

 一方、川島は天野氏が手掛けているということで、「ファイナルファンタジー直撃世代なので、このゲームを早くやりたいです」と興奮すれば壇蜜も「私も世代なんで分かります!」と、うなずく。

 ちなみに、天野氏によるとゲームで描いたようなキャラクターも、本法華経画には取り入れられていることが明かされ、川島は「これはゲーム好きな人は、まず絵に圧倒されるということがありますよね」といえば、壇蜜は「そこから自分で調べていくとかも出てきそうですね」と、ゲームなどにも話が広がりそうな様子を見せた。

 川島というと、現在、落語家・立川志らくがパーソナリティを務めている番組『グッとラック!』(TBS系)の後番組で朝の帯番組『ラヴィット!』(同局系・月~金、午前8時~)への出演が決定しているが、そのことを問われ、「いま午後10時に寝てます。いままでの生活スタイルを改めないといけないなと思って。でも、3歳の娘の方が寝るの早いんです。なんでしょうか、構えている訳でも、実感というより緊張もしてないんで」という。

 ちなみに、起用が決まったときの話をされた際に、「テレビ局の楽屋で『こんな話が来てるんですけど……』と言われたときに、ドッキリだと思って、隠しカメラを探しました。TBSの番組なんで『ダウンタウン』さんのやつだと。いつまで経ってもドッキリやと言われないんで、これ結構時間かかるドッキリやと思って。自分に来ると思ってなくて貫禄のある方がやるものだと思ったんですが、せっかく頂いたならと思ってお受けしました。志らく師匠の番組とは違う番組になると思います」と話していた。

 一方、2019年11月22日に漫画家・清野とおる氏と結婚した壇蜜に、いまの清野氏との生活を尋ねると、いまだ別居婚で生活しているそうだが、最近「別居婚どういうものなの?というのを興味を持ってもらえることが多いので、別居婚もいいなと思ってもらえただけでも嬉しいです」とのことで。そこからバレンタインデーの話題におよび「その日は、1番好きなメニューを食べるというのを約束しているので、明日あたり何を食べたいかというリクエストがきっと来ると思うのでしっかりごちそうしたいと思います。こういう時代ですから恥ずかしくても、愛情の確認はやっておくべきだと思います。それはきょうのイベントでも感じました」と、しみじみ語っていた。

麒麟・川島明 壇蜜と天野喜孝氏描いた法華経画に大興奮で「ゲーム好きな人はまず絵に圧倒される」!「グッとラック!」後番組へ準備で話が来たときは「ドッキリだと思って」2

麒麟・川島明 壇蜜と天野喜孝氏描いた法華経画に大興奮で「ゲーム好きな人はまず絵に圧倒される」!「グッとラック!」後番組へ準備で話が来たときは「ドッキリだと思って」3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする