登坂広臣、天を仰ぎ涙!&中条あやみとキス寸前の30秒予告解禁!映画「雪の華」主題歌・中島美嘉が感涙コメント

登坂広臣、天を仰ぎ涙!&中条あやみとキス寸前の30秒予告解禁!映画「雪の華」主題歌・中島美嘉が感涙コメント

 5年ぶりの恋愛映画となる『三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE』ボーカル・登坂広臣(31)と女優・中条あやみ(21)が主演する映画『雪の華』(監督:橋本光二郎/配給:ワーナー・ブラザース映画)の30秒予告ムービーが解禁され、主題歌を歌う中島美嘉(35)からも感涙のコメントが寄せられた。

 同作は、歌手・中島美嘉の名曲『雪の華』から生まれたラブストーリーということで、完成した作品を観た中島は、「自分の歌う歌が、こんなにも純粋な愛に溢れたラブストーリーに描かれている事に感動しました。恋愛に限らず思わずウルっとしてしまうシーンがあったり、観た方達にもきっと共感して頂ける作品だと思います。」と、想いを語った。

 解禁された30秒予告ムービーでは、フィンランドの見事な雪景色と共にどこかぎこちなく初々しい2人が、初めて手を繋ぐシーンやキス寸前のシーンが盛り込まれ2人の儚くも激しい恋模様が濃縮された内容となっている。また、観客が次々にあふれ出る涙を拭う様子も映し出されており、中島美嘉のコメントからも伝わるように、2人の恋愛はもちろんそれ以外でも観客の心揺さぶるポイントが盛り込まれている内容となっている。

 さらに、悠輔が美雪と初めて出会った場所で、彼女を思い涙する場面カットも合わせて解禁に。天を仰ぎ、悠輔が涙を流した理由とは…そして、2人の最後の恋の結末は…

登坂広臣、天を仰ぎ涙!&中条あやみとキス寸前の30秒予告解禁!映画「雪の華」主題歌・中島美嘉が感涙コメント

 ■STORY
 幼い頃から病気がちで、ついに余命1年を宣告された美雪(中条あやみ)。彼女の夢は2つ――1つは両親が出会った〈約束の地〉フィンランドでオーロラをみること。そしてもう1つは、最初で最後の恋をすること。
 ある日、ひったくりにあった美雪はガラス工芸家をめざす悠輔(登坂広臣)に助けられる。悠輔が男手ひとつで妹弟を育てていること、そして働く店が危機になっていると知った美雪は、「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と持ちかける。何も知らないまま“期間限定”の恋に応じる悠輔だったが・・・。
 かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。舞台は東京―フィンランド。切ない想いに涙が溢れる、初雪の日に出会った2人の、1年のラブストーリー。

 ■CAST & STAFF
 登坂広臣 中条あやみ
 高岡早紀 浜野謙太 箭内夢菜/田辺誠一
 主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
 監督:橋本光二郎 脚本:岡田惠和 音楽:葉加瀬太郎 
 製作:映画「雪の華」製作委員会 企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ
 配給:ワーナー・ブラザース映画 (C)2019映画「雪の華」製作委員会

 公式サイト:yukinohana-movie.jp
 公式Twitter:@yukinohanamovie #雪の華


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする