嵐・櫻井翔 アフラック新CMでアフラックダックが飛ぶ姿に「本当にすごかった!」と大興奮

嵐・櫻井翔 アフラック新CMでアフラックダックが飛ぶ姿に「本当にすごかった!」と大興奮1

新TVCM『オールイン、誕生』篇が放送へ!

 アイドルグループ『嵐』の櫻井翔(38)が23日より全国オンエアされるアフラック生命保険株式会社のがん保険新商品『生きるためのがん保険 Days1 ALL-in』新TVCM『オールイン、誕生』篇に出演し、ゲストの徳光和夫(78)、長嶋一茂(44)とともに出演している。

 CMでは、緑がまぶしい公園を舞台に櫻井と長嶋と徳光が話し合っており櫻井がコーヒーを差し出しながら、「ぼく、がんになった方のお話を聞く機会が多くて……」と切り出すと、長嶋が「ずっとCM出てるもんね」と相づちを打ち、「がんの治療って、ひとりひとり違うんです。抗がん剤とか放射線治療とか」と櫻井。「時には長引くこともありますよね」という徳光さんのコメントを受けて、「だから、幅広くまとめて保障するがん保険があったら安心だなって」と主張する櫻井。長嶋が「そうだよ!そういうのアフラックがつくればいいのに」といつものようにずばっと意見すると、櫻井さが「実は、できたんです!」という。そこで3人が立ち上がって奥に向かうと、今まであった木々が左右に動き、明るい光が差し込み、美しい街並みが見えてきます。そこへ「幅広くまとめて保障するがん保険オールイン、誕生」というナレーションがインサートされる。

 撮影では、今作のテーマは、櫻井が『自分の思いをストレートに語る』ことと設定。そのため、本番でも真摯にメッセージを伝えていることが分かるように、セリフとセリフの間やスピード、立ち居振る舞いなど、その都度、監督が細かく指示を入れながらのものに。櫻井は「ポットからマグカップに注いだら、すぐにセリフを」「このセリフとこのセリフは間を空けずに」「もう少しだけカップを上げて、セリフ回しは穏やかなイメージが伝わるように丁寧に」といった監督のオーダーに対して、的確に対応していく。

 多くの人たちの悩みを解決する策として、櫻井が提案する『生きるためのがん保険 Days1 ALLin』。がんと闘ってきた多くの方々と出会って、実際にその悩みを肌で感じてきた櫻井だけに、自然とお芝居に熱が入る場面も。たとえば、「実は、できたんです」と立ち上がりながら、その思いを告白するシーンでは、伝えたいという思いがあまりにも大き過ぎたのか、監督から「もう少し、ライトな感じで」と指示が飛ぶと、櫻井はその場で何度もセリフを繰り返して、スピードや調子を微調整していた。

 CMの終盤に飛んでいるアフラックダックから、櫻井がメッセージを受け取るシーン。アフラックダックといえば、いつも地面をペタペタと歩いている印象だが、今作では大きな翼を羽ばたかせて飛んでいるシーンが描かれる。それだけに、アフラックダックと付き合いが長い櫻井も、その姿を見て、「わぁー、本当に飛んでいる!」「おお、すごい!!」とビックリ。撮影が終わった後も、興奮覚めやらぬといった様子で、「本当にすごかったですね!」と周囲のスタッフに話しかける一幕も見られた。

 新TVCM『オールイン、誕生』篇は30秒で23日より放送!なお、公式YouTube チャンネル上でのCM動画は3日より配信中(https://www.youtube.com/channel/UCIxQ7WaNJAXSxhYC-OxEqJQ)。

 ※10周年記念対談記事
 ・櫻井翔 アフラックCM出演10年にして初の起用理由明かされ「知らなかったので驚きました」!今後へも意気込みで「責任を感じています」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする