吉岡里帆、ランジェリー姿でランウェイした時の下着が判明!初主演ドラマ『きみが心に棲みついた』

吉岡里帆、ランジェリー姿でランウェイした時の下着が判明!初主演ドラマ『きみが心に棲みついた』2

 女優・吉岡里帆(25)が初主演を務める連続ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系、火・午後10時~)の第3話が1月30日に放送された。下着姿でランウェイするシーンが話題を呼んでいるが、その身に付けたランジェリーが判明した。

 女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中の天堂きりんによるコミックが原作となっており、主演の吉岡里帆が演じる、自己評価が極めて低いために他人の前で挙動不審になってしまう、主人公の“キョドコ”こと小川今日子が、桐谷健太と向井理が演じる対照的な魅力を持つ二人の男性の間で揺れ動くラブストーリー。

 過激な描写が多く、人気の吉岡だけに、どこまで再現可能かと当初から不安視されていたが、第1話では、キョドコが大学時代に星名から他の女性と別れると言われ、学生の前でストリップショーをさせられたシーンが描かれるなど、毎回吉岡演じるキョドコが星名(向井理)から受けるサイコパスな仕打ちに、体当たりの演技で応えている。

 第3話では、今日子の働く下着メーカーの新作ランジェリー発表会で下着を着てランウェイを歩くことを星名から命令される。そして、ショーの最後に登場した今日子は、『きっとこんな私を受け入れてくれる人は星名さんしかいない』と信じて、一歩ずつ、たどたどしくランジェリー姿でランウェイ。

 このとき、吉岡が身につけていたランジェリーが、ランジェリーメーカー『AMO’S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)』のチャーミングラマー ブラ&ショーツセット(4309円・税込み)だ。

吉岡里帆、ランジェリー姿でランウェイした時の下着が判明!初主演ドラマ『きみが心に棲みついた』3

 実は、劇中に登場する下着の衣装協力をしているのが、『AMO’S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)』だ。キョドコが勤める下着メーカーのオフィスは、トリンプ本社がモデルとなっており、下着のディスプレーの監修なども手掛けており、 直営店の「AMO’S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」が下着の衣装協力をしている。

 ■AMO’S STYLE by Triumph (アモスタイル バイ トリンプ)
 公式HP:https://jp.amos-style.com/

 には、下記のような告知があり、写真をクリックすると、着用したランジェリーの紹介ページへ飛ぶ仕組みになっている。

吉岡里帆、ランジェリー姿でランウェイした時の下着が判明!初主演ドラマ『きみが心に棲みついた』1

 ※トップのドラマ『きみが心に棲みついた』の写真は、PR TIMESの「下着メーカーが舞台、吉岡里帆連続ドラマ初主演『きみが心に棲みついた』「アモスタイル バイ トリンプ」が衣装を全面協力!」の記事より
 ※画像は「AMO’S STYLE by Triumph」の公式HPよりキャプチャー

吉岡里帆、ランジェリー姿でランウェイした時の下着が判明!初主演ドラマ『きみが心に棲みついた』4


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする