水川あさみ男の人からいきなり「好きです!」に自然な笑み!全幅の信頼寄せるタナダ・ユキ監督手がけるCMで大家さんに

水川あさみ男の人からいきなり「好きです!」に自然な笑み!全幅の信頼寄せるタナダ・ユキ監督手がけるCMで大家さんに1

水川あさみが大家さんに!

 女優・水川あさみ(34)が14日より公開となる株式会社CasaのWebCM『大家、はじめました~大家さんのそばに~』『大家、はじめました~つながる笑顔、くらしのそばに~』篇に出演する。

 ITを活用した不動産や金融サービスとなる不動産ソリューションカンパニーの株式会社Casaが、水川を起用した新CMを制作。CMでは水川がとある街の人気の美人大家となり、日常で起こるハプニングなどを通して、大家と入居者との理想の関係を描き出すというもの。

 今回の2篇をそれぞれ15秒バージョンと30秒バージョンで制作。このCMにはドラマなどで水川と多くの作品づくりをしてきたタナダ・ユキ監督を起用。カジュアルでナチュラルな雰囲気あふれる大家さんの雰囲気を十二分に引き出している。

 撮影は今年2月の早朝から行われ、水川は白のワンピースに黄色のカーディガンを羽織り撮影現場に登場。タナダ監督とは公私ともに仲がいいだけに会話を楽しんだり、CMに出演するトイプードルと撮影の合間に無邪気に戯れたり、子役たちからの質問攻めに笑顔で対応したりと、雰囲気づくりにひと役買う様子も。

 CMでは、青年が「鈴木です」とあいさつするつもりが間違って「好きです!」と告白してしまい、水川演じる大家がびっくりするという一幕もあるが、こちらは思わず素で笑ってしまうなど、和気あいあいなものとなった。

 大家さんを演じてみて水川は「今回は『みんなから愛される大家さん』という役柄だったので、日常の些細な幸せを大切にしたり、何事も楽しむ姿勢が周りを笑顔にさせるような人物像をイメージして演じました」と、演技プランを話しつつ、「その中で、最後に思わず『好きです』と告白されるシーンは、自分から自然と笑ってしまいましたし、印象に残っているシーンですね」と、思い出し笑いする様子も。

 タナダ監督との仕事へは「細かな意思疎通をせずとも分かり合える部分がある気がしています」と、全幅の信頼を寄せているようで、「とくに、日常のトーンの中に巡る些細な感情の変化のお芝居を大切にして頂いています。役を演じる上では、自分自身でも普段から、どんな細やかなことにも感情が動くよう、感情の振り幅をたくさん持てる感覚を大切にしたいと思っています。みんなに愛される大家さんというのが今回のCMのテーマでもあるので、このCMを観たすべての大家さんが笑顔にあふれるといいなと思っています。そしてCasaさんに興味を持っていただけると嬉しいです」と、メッセージとともに思いを馳せた。

 一方タナダ監督は、「水川さんはもともと肌もすごく綺麗ですが、メイクはナチュラルメイクで仕上げてもらい、服もカジュアルさを出しています。家の前の植物たちも完璧に飾りすぎないように、いい意味で、少しだけ肩の力が抜けたような雰囲気を作ってもらっています」と、ディレクションで意識した部分を挙げつつ、「水川さんとの撮影自体は久しぶりでしたが、やっぱり現場が明るくなります。相変わらず、こちらが何も言わなくても瞬時に役を理解してくれることもあり、とても楽しい撮影時間で」と、こちらも信頼を寄せている様子も。

 さらに、「不動産は管理が大変そうなイメージもあるかもしれませんが、そんな方達にも、肩肘張らずに、こんなふうに楽しく管理ができるかもしれないと感じて頂けたらいいなと思います」と、CMに込めた願いも語った。

水川あさみ男の人からいきなり「好きです!」に自然な笑み!全幅の信頼寄せるタナダ・ユキ監督手がけるCMで大家さんに2

CMカット

水川あさみ男の人からいきなり「好きです!」に自然な笑み!全幅の信頼寄せるタナダ・ユキ監督手がけるCMで大家さんに3

CMカット

水川あさみ男の人からいきなり「好きです!」に自然な笑み!全幅の信頼寄せるタナダ・ユキ監督手がけるCMで大家さんに4

CMカット

水川あさみ男の人からいきなり「好きです!」に自然な笑み!全幅の信頼寄せるタナダ・ユキ監督手がけるCMで大家さんに5

CMカット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする