引坂理絵&本泉莉奈 美山加恋からプリキュアのバトン&エールに大感激!北村一輝はホワイトデープレゼントに「キュアエール大好き!」

引坂理絵&本泉莉奈 美山加恋からプリキュアのバトン&エールに大感激!北村一輝はホワイトデープレゼントに「キュアエール大好き!」3

『映画プリキュアスーパースターズ!』試写会は笑顔あふれるイベントに!

 アニメーション『映画プリキュアスーパースターズ!』(監督:池田洋子/配給:東映)公開直前親子試写会 ホワイトデー舞台あいさつが14日、東京・新宿バルト9で開かれウソバーッカ役の北村一輝、野乃はな/キュアエール役の引坂理絵、薬師寺さあや/キュアアンジュ役の本泉莉奈、宇佐美いち/キュアホイップ役の美山加恋が登壇した。

 『プリキュア』シリーズ劇場版最新作。前々TVアニメシリーズ『魔法つかいプリキュア!』(略称:まほプリ)、前TVアニメシリーズ『キラキラ☆プリキュアアラモード』(略称:プリアラ)、そして、現在放送中の新TVアニメシリーズ『HUGっと!プリキュア』(略称:ハグプリ)の3世代のヒロインたちが協力して、悪者・ウソバーッカに立ち向かう作品。

 プリキュアイベントではおなじみの、キャストの名乗りもありつつ、北村も名乗りをやろうとして「こういうときどうしたらいいんでしょうね(苦笑)」と、笑いが起きるなか和気あいあいとイベントがスタート。

 作品へ、引坂は「観てみるとあっという間で、本編の1話を見ているよな気分で笑ったりギューって感動したり、あっという間の時間が過ごせるお話です。私も観て感動しました!」と、大満足の1本に仕上がっているといい、本泉も、「みんな頑張ってるなとか、3世代の魅力が凝縮された作品になっています。みなさんも楽しんでもらえればと思います!」と、アピール。

 一方、先輩プリキュアとして、美山は、プリアラの放送時に本作のアフレコをしたそうで、「寂しいというか、このアフレコをしたときも、まだプリアラの放送中で、なんで終わっちゃうの!?ってスタッフさん含め大号泣で」と、当時の心境などを回想。

 それでも、美山は「去年私達も『まほプリ』さんからバトンを渡してもらって、私達も次の世代にバトンを渡そうって。それに引坂さんだと聞いたときにすごく嬉しくて。プリアラのときに、妖精役として頑張ってくださっていたんです。仲間という意識で。プリアラとしてこの作品は劇中のなかで、上半期のなかでやっていた懐かしい技とか、いまだからこそできる技とか、なんかもう悔いはないな、大満足だなって。プリアラ組はハグプリ組を応援しています!」と、エールを送り、これには引坂、本泉ともに大喜びだった。

 そんななかゲスト声優となった北村は、「映画撮ると自分の役をチェックするんですけど、普通に最後まで観て普通に感動していました。子供の頃に帰った気分というか。悪役ですけど、そんなに悪くないようにやったと思いますけど、まあまあですかね(笑)」と、自身でも及第点の出来のようだったが、初声優に挑戦へは、「普段やっている仕事と違って。でも、難しいというより、この歳になって新しいことに挑戦する楽しさがありました。いい経験になりましたよ。人間の役じゃないので、自分の部分はなるべく消そうとしました。観ている人に、プリキュアの世界観をなるべく崩さないようにと思っていました」と、気遣いも入れながらの演技だったとも明かしていた。

 この日はホワイトデーということで、“本命へのお返し”を意味するキャンディー1万粒でキュアエールと映画のモチーフ・クローバーを描いた 2メートル四方の超巨大モザイクアートが北村にプレゼント!「すごいなこれ!」と感嘆を漏らす北村は「いやもう幸せですね。もうキュアエール大好きですよ!」と、笑顔いっぱいのものとなっていた。

 最後に北村から「約束がテーマですけどすごく大事なことを言っている気がします。それと、ウソバーッカも応援してあげてください!」と、呼びかけていた『映画プリキュアスーパースターズ!』は17日より全国ロードショー!

引坂理絵&本泉莉奈 美山加恋からプリキュアのバトン&エールに大感激!北村一輝はホワイトデープレゼントに「キュアエール大好き!」2

引坂理絵&本泉莉奈 美山加恋からプリキュアのバトン&エールに大感激!北村一輝はホワイトデープレゼントに「キュアエール大好き!」1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする