種﨑敦美も東山奈央も本田望結の演技に瞳潤ます!「リズと青い鳥」完成披露試写会開催

種﨑敦美も東山奈央も本田望結の演技に瞳潤ます!「リズと青い鳥」完成披露試写会開催5

アニメーション映画「リズと青い鳥」完成披露試写会が開催!

 劇場アニメーション『リズと青い鳥』(監督:山田尚子/配給:松竹)完成披露舞台あいさつが4日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで開かれ鎧塚みぞれ役の種﨑敦美、傘木希美役の東山奈央、リズ役と青い少女役の2役を演じる本田望結、山田監督が登壇し司会は松澤千晶アナウンサーが務めた。

 武田綾乃氏の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』をアニメ映画化した作品。北宇治高校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれとフルートを担当する傘木希美。「親友」のはずの2人だったが、オーボエとフルートのソロはうまく噛み合わず、距離を感じさせるもの。しかし、最後のコンクールで選ばれた楽曲『リズと青い鳥』にはオーボエとフルートが掛け合うソロパートがあり……。

 種﨑は公に作品が目に触れる日を迎えたことに「いよいよ観て頂けるんだなという気持ちで、観て頂けるのが嬉しいです」と、胸に手を当て2日前からドキドキしていたとも。

 東山は「この映画の魅力をどう伝えたらいいんだろうと。観て頂くことですべてを言葉にできないことがあるから映画ってアニメってあるんだなという気持ちです」と、説明はしにくいが伝わるものがあるということを伝え、「『響け!ユーフォニアム』には戦いみたいなこともありましたけど、この作品には静かな中に充実したものが詰まっていて、いつまでもこの空気に浸っていたいような気がして」と、作品の感じを。

 すると種﨑も「本当にその通り!(笑)指先から、瞳の動きまですべてが繊細で、絵がすごくお芝居をしてくれていて、これを表現できるのって本当にすごいなって。私達もそれによってお芝居がすごくしやすいなって思います」と、アフレコまでに相当に画が出来上がっていた様子も交えて伝えると東山は「絵に当てているというより舞台のような実写かのように錯覚してしまうような感じでした」と、実感を語った。

 一方、本田は自身の当てた声について「監督にお話させてもらったときには、『違いがないくらい本田望結ちゃんでお願いします』と言われて、私がイメージしていたのとは間逆な感じだったんです。違いって分かったのかなっていうくらい、少し不安な感じなくらいだったんです。でも、完成したものを観てみると、監督のおっしゃったことは間違っていなかったと思いました」と、感動したというと、山田監督は「めっちゃ良かったと思っていました。監督の威厳が無かったと思って帰りの電車で反省しながら帰りました」と頭を下げ、それに釣られて本田も頭を下げるという頭の下げあいに。

 さらに本田は、「みなさんと一緒に声をとることもなかったのですが、すごくきれいなお声で勉強になりました」というと、種﨑は、「奈央ちゃんと2人で観ていたときに最後のところで……」というと東山があとを継ぎ、「メイクをしていたんですけど、目をうるうるさせてしまうくらい見入ってしっまってすごかったですよ」と、本田の演技にも涙がこぼれそうになったと褒め、種﨑は「本田さんありがとうってなるくらいでした」と、今度は本田と種﨑が頭を下げあうという光景で観客たちを和ませていた。

 ほかにも作品に合わせて自身の青春時代のことを振り返る質問もあり東山は、「なんでもないことがおもしろくて、なんでもないことに傷ついていたということが多くて心情が揺れ動いていた時期だと思います」といえば、種﨑は「青春を語りだすと止まらないくらいのことがありまして、みぞれと似たような経験をしたことがありまして……その子と一緒にいたいがために同じ高校を選ぶくらいで。その子がいるかもしれない方向を一緒に見ているかもという感じで、全部見に覚えがあるって、女子って意外とそういうところがあるっていう感じがしています」としみじみ。

 すると、本田からは「青春ってどういうものですか?」と逆質問が飛び種﨑が「もう戻れない瞬間とかキラキラした瞬間とかいろいろ忘れられないものが青春です」と話すと本田は「恋愛だと思ってました」と、苦笑いを浮かべつつ、「フィギュアスケートをやっているので、それかなと思いますね。」スケートとかスケート靴も一緒に一緒に頑張るという気持ちがありますね」と、いままさに青春真っ只中という様子だった。

 最後に本田から「本当に素敵で、明日から頑張ろうと思えるような作品です。この作品で音楽というものにさらに興味を持ったので、小さいお子さんに吹奏楽を始めようと思ってもらえたら嬉しいことだと思います」と、呼びかけると、東山は「本当に1言で言い表せないこの気持ちは観て頂かないと分かってもらえないかなと思いますが、みぞれと希美のずっとすれ違い続けるさまが伝わると思います」と、アピール。

 そして種﨑からは「アフレコ前に監督がこの作品はこういう作品だよと説明てくれた中で出てきた言葉があるんです。『すべてのものが傍観者、壁も木も2人のことを見守っている』といわれて、観終わった後に本当にそんな感じだと思って観ていました。2人を見守っているという感じで、たくさんの人にその感覚を味わってもらいたいなと思っています」と、思いを伝えていた。

 劇場アニメーション『リズと青い鳥』は21日より全国公開!

種﨑敦美も東山奈央も本田望結の演技に瞳潤ます!「リズと青い鳥」完成披露試写会開催4

種﨑敦美も東山奈央も本田望結の演技に瞳潤ます!「リズと青い鳥」完成披露試写会開催2

種﨑敦美

種﨑敦美も東山奈央も本田望結の演技に瞳潤ます!「リズと青い鳥」完成披露試写会開催1

東山奈央

種﨑敦美も東山奈央も本田望結の演技に瞳潤ます!「リズと青い鳥」完成披露試写会開催3

本田望結

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする