山口もえ、第3子出産後初の公の場で夫・田中へのドン引きエピソード披露「必死に娘を笑わせようと全力な姿が、ちょっと気持ち悪い」

山口もえ、第3子出産後初の公の場で夫・田中へのドン引きエピソード披露「必死に娘を笑わせようと全力な姿が、ちょっと気持ち悪い」1

 タレント・山口もえ(40)が26日、都内・六本木ヒルズで「ORIX Vegetable Farm」オープニングイベントに出席。昨年5月に第3子となる女児を出産した山口は「みなさまの前に出るのは1年ぶり。昨夜はよく眠れた」といきなりおとぼけコメント。それでもイベントについて「オススメは水耕栽培で育てたほうれん草の収穫体験。あと、買って帰れること。これを機に水耕栽培を知っていただき、フレッシュ野菜を食べて、ますます健康になって日本を支えてほしい」としっかりPRした。

 オリックスグループが手がける農事業を紹介するため、同日から28日の3日間、都心にいながら野菜収穫を体験できるほか、オリックスの野菜を使用したオリジナルメニューを通じて、水耕栽培野菜の美味しさや手軽さを実感できるイベント。

 野菜ソムリエプロの資格を持つ山口はさっそく「水耕栽培は土を使わず水を使って栽培する方法。お水が命で天気気候に影響されないのがメリット。例えばお野菜って天気でお値段変わるでしょ。安定して収穫できる水耕栽培はお財布にもやさしい。洗ってさっと食べられるところもいい」と主婦目線でそのメリットを説明。その場で実際にほうれん草の収穫を体験し、「持っただけで瑞々しさがわかる。許されるのならばこのままかぶりつきたい」と、すぐさま試食。「やわらかくてほうれん草の苦味エグ味がなく食べやすい」とMCがストップをかけるまで熱心に食べ続け、最後は「サラダで食べるのがいちばんだが、ピザの上にのせたり、パスタにさっと和えるとか。あと、グレープフルーツとか柑橘系と和えても美味しいと思う」と野菜ソムリエプロらしく、アドバイスした。

「10年前に長女がお腹にいるときに、私の食べたものでお腹のなかで育っていくんだと、食べるものの大切さを感じ、食に対して学びたいと思った」という山口だが、「最近、うちの夫(田中裕二)も肌ツヤいいと思いません!? あれで53ですよ! ちょっとずつ食を変えてメイクさんにも肌ツヤいいねっていわれるみたい。がんばってもらわないとね」とよき妻ぶり!?

 家族が増えた新生活については「いろんな方がわが家にやってくるが、わが子を笑わせるために必死になっている(夫・田中)の姿にみんなひいていく。人を笑わせるのにこんなにも全力を尽くす人いるのかなって、ちょっと気持ち悪い。テレビ以上にうちのほうがおもしろいかも」とあきれ顔。それでも4人目については「みんなにいわれるが、ご縁があれば」とまんざらでもなさそうだった。

山口もえ、第3子出産後初の公の場で夫・田中へのドン引きエピソード披露「必死に娘を笑わせようと全力な姿が、ちょっと気持ち悪い」2

山口もえ、第3子出産後初の公の場で夫・田中へのドン引きエピソード披露「必死に娘を笑わせようと全力な姿が、ちょっと気持ち悪い」3

山口もえ、第3子出産後初の公の場で夫・田中へのドン引きエピソード披露「必死に娘を笑わせようと全力な姿が、ちょっと気持ち悪い」4

山口もえ、第3子出産後初の公の場で夫・田中へのドン引きエピソード披露「必死に娘を笑わせようと全力な姿が、ちょっと気持ち悪い」5

山口もえ、第3子出産後初の公の場で夫・田中へのドン引きエピソード披露「必死に娘を笑わせようと全力な姿が、ちょっと気持ち悪い」6

山口もえ

山口もえ、第3子出産後初の公の場で夫・田中へのドン引きエピソード披露「必死に娘を笑わせようと全力な姿が、ちょっと気持ち悪い」7

1年ぶり公の場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする