須藤凜々花 芸能界続けた理由は矢口真里に相談で弟子入り!ロッチ結成秘話は中岡創一のプロポーズ失敗からの意外な展開

須藤凜々花 芸能界続けた理由は矢口真里に相談で弟子入り!ロッチ結成秘話は中岡創一のプロポーズ失敗からの意外な展開4

映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』“侵入生”イベントが開催!

 元『NMB48』でタレント・須藤凜々花(21)、お笑いコンビ『ロッチ』の中岡創一(40)、コカドケンタロウ(39)が6日、東京・TOHOシネマズ新宿で映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』(監督:ウェス・ボール/配給:20世紀フォックス映画)“侵入生”結団式イベントに登場し司会はサッシャが務めた。

 2014年に第1作が公開された『メイズ・ランナー』シリーズの3作目にして完結編。過去の記憶を奪われ巨大迷路に挑戦するハメになった主人公たちが、その迷路を脱出した先で判明した敵“WCKD(ウィケッド)”との戦いの結末が描かれるアクションアドベンチャー。全シリーズの世界興行収入は実に10億ドルを突破している人気作だ。

 中岡が作中に登場する『クランク(感染者)』に噛まれたといいながらゾンビっぽいメイクで登場したものの、客席はビミョーな反応。中岡も「新宿でラーメン食べてたらかまれた」と、テキトーな設定を話していたが、須藤だけは「目も半分色が消えかかっていて怖いですね」と、興味津々。

 作品では迷宮を突破することにちなんで、人生で迷ったことをトークすることに。須藤は「去年いろいろありまして……」と、昨年6月のAKB48選抜総選挙のスピーチで結婚を宣言し世間をざわつかせたことを下敷きに、「芸能界を続けるのか、やめるのかすごく考えて、あるアイドルの先輩に助言を頂いて、続けることにしました。それが、矢口真里さんです。『これからは私の弟子になっていいよ』と言われて弟子になりました。『芸能界はしがみつくものだよ』と言ってました」と、矢口らしいコメントが飛び出し笑いを誘った。

 一方、ロッチの2人は、コンビ結成の秘話を話しだすことに。中岡がコンビを組む前、サラリーマン時代に、当時交際していた女性にプロポーズを申し込んだが振られてしまい、コカドと沖縄に傷心旅行し、「こんな楽しい日が続けばなぁ」という気持ちになったのがきっかけだったということや、コンビを組んでからコカドは中岡にキャラづけするために、タトゥーを入れることまで提案したという裏話などで盛り上げた。

 終了後には囲み会見を開催。作品で迷宮から脱出することにかけて現状で抜け出したいことはないかという質問に、「月々のお小遣いが3万円に設定されたんです。(旦那さんから)『学費を貯めろ』って言われて。でも、最初の5日くらいで吹っ飛ぶので、パチンコかなんかで稼げないかなって。いっぱい副業をしたいと思います!家庭内闇営業」と、野望も口にしていた。

 ほかにも、16日に迫ったAKB48選抜総選挙でのスピーチするメンバーたちへは、「ちゃんと相談した方がいいですね。大人に」と言い、「私はたくさん怒られました」と、体験者ならではのアドバイス。それでも、「自由な場だと思うし、何でもいい、自分の言いたいことを言った方がいいと思います」と、持論も展開してもいた。

 映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は15日より全国公開!

須藤凜々花 芸能界続けた理由は矢口真里に相談で弟子入り!ロッチ結成秘話は中岡創一のプロポーズ失敗からの意外な展開1

中岡のゾンビメイクにはビミョーな反応が

須藤凜々花 芸能界続けた理由は矢口真里に相談で弟子入り!ロッチ結成秘話は中岡創一のプロポーズ失敗からの意外な展開2

謎解きも開催

須藤凜々花 芸能界続けた理由は矢口真里に相談で弟子入り!ロッチ結成秘話は中岡創一のプロポーズ失敗からの意外な展開3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする