わーすたのTIF2018ラストとなるHOT STAGEで6曲パフォーマンス!松田美里 ガラガラ声だったワケは?

わーすたTIF2018ラストはHOT STAGEで6曲パフォーマンス!松田美里 ガラガラ声だったワケは?5

わーすたTIF2018ラストはHOT STAGEで6曲パフォーマンス!

 5人組アイドルグループ『わーすた』が4日、東京・台場周辺で開催中の『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』(通称:TIF)2日目内のHOT STAGEに登場し、集まったファンたちを熱狂させた。

 『わーすた』は2015年に坂元葉月、廣川奈々聖、松田美里、小玉梨々華、三品瑠香の5人で結成。そのあいさつのときにもキャッチフレーズにしている『The World Standard(世界標準)』を、略したものとなっている。

 前日もTIF2018で2ステージに出演、そして、このステージでTIF2018内ではラストのステージになる『わーすた』。夏らしい爽やかさとどこか切なさを感じさせる最新曲『タピオカミルクティー』から幕開け!

 続けて、劇場版アニメ『劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ!』主題歌やTVアニメ『アイドルタイムプリパラ』のOPになった『Just be yourself』をパワフルに熱唱した。

 MCでは30分の持ち時間を生かして自己紹介をすることになったのだが松田だけなぜか遠慮気味。これに詰め寄るメンバーたちに、松田から出たのはなんとガラガラ声。松田は「TIFが楽しくて枯れちゃった」と、ひたすら苦笑いで自己紹介だけはしっかりやりきっていた。

 その後は、マイクスタンドを使ったロック調の楽曲『PLATONIC GIRL』や、『Magical Word』、『ワンダフル・ワールド』と披露し、ラスト6曲目は可愛らしい振り付けの『いぬねこ。青春真っ盛り』を熱唱していた。

わーすたTIF2018ラストはHOT STAGEで6曲パフォーマンス!松田美里 ガラガラ声だったワケは?2

わーすたTIF2018ラストはHOT STAGEで6曲パフォーマンス!松田美里 ガラガラ声だったワケは?3

わーすたTIF2018ラストはHOT STAGEで6曲パフォーマンス!松田美里 ガラガラ声だったワケは?4

わーすたTIF2018ラストはHOT STAGEで6曲パフォーマンス!松田美里 ガラガラ声だったワケは?1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする