小栗旬&菅田将暉“しゃくれ”で完全シンクロに笑み!岡田将生は橋本環奈への弟子入り発表も

小栗旬&菅田将暉“しゃくれ”で完全シンクロに笑み!岡田将生は橋本環奈への弟子入り発表も2

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』完成披露試写会が開催!

 俳優・小栗旬(35)、菅田将暉(25)、橋本環奈(19)、柳楽優弥(28)、三浦春馬(28)、窪田正孝(30)、吉沢亮(24)、勝地涼(31)、夏菜(29)、長澤まさみ(31)、岡田将生(28)、ムロツヨシ(42)、佐藤二朗(49)が9日、東京・丸の内ピカデリーで映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(監督:福田雄一/配給:ワーナー・ブラザース映画)完成披露試写会を福田監督、エリザベスとともに開いた。

 漫画家・空知英秋氏が2004年から『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載している大ヒットコミック『銀魂』。TVアニメや劇場アニメーションなどがされていたが、昨年7月についに実写映画化され、大人気となりその続編。“幕府のお偉いさん”の接待を依頼された万事屋(よろずや)の銀時(小栗)、新八(菅田)、神楽(橋本)の3人だったが、そのお偉いさんとは征夷大将軍・徳川茂茂(勝地)で、銀時たちは陰謀に巻き込まれ大騒動に発展していく。

 ド派手演出で格好良く登場したキャスト陣。それとは対象的に小栗をはじめ全員で台本にあったという気の抜けたあいさつで、『銀魂』らしいイベントのスタートを切る。

 撮影については小栗は「しゃくれなきゃいけないところがあって、そこで福田監督に、“ガシャン・ウィーン”という感じのリズムで、しゃくれてほしいと言われて、それが完璧なタイミングでうまくいったところがあったんです。そうしたら横の菅田が笑ってて」というと、菅田は「僕の頭の中で流れている、“ガシャン・ウィーン”と、小栗さんの頭の中で流れる“ガシャン・ウィーン”と完全に同じだったんです」と、シンクロしたことが嬉しかったのだとか。

 一方、桂小太郎役で前作から続投となった岡田もそのしゃくれたシーンに参加したようで、「すいません。あれはできません。マスクの下で涙をためながらすごく練習したんですよ」と、悔しがる。福田監督によるとそのしゃくれた演技は橋本が上手だったそうで橋本は「岡田さんにいつからか弟子入りされてしまって」といえば、岡田も「師匠と仰いでいました」と、師弟関係ができあがったそう。

 しかし、そのしゃくれたシーンのため橋本は「1ヶ月前から練習していました」といえば、小栗も「俺も練習してた」と、努力していたらしく、岡田は「僕は流れで撮ると思ってた」と、ぼう然とする一幕も。

 ほかにも岡田が女装するシーンがあるそうで、岡田は「綺麗だなと周りに言われていて、観たらたしかに綺麗だなって思って」と、出来栄えに自信を見せていた。

 そして小栗から作品へ「ちょっと長いです。2時間以上あるんですけど、それを時間を感じさせずに観させてくれます。面白い映画ですみんな笑って泣いてアツくなってもらえる作品です」と、しっかり締めた……かに思われたが、約40分にわたってキャスト陣のトークが繰り広げられたということもあってか、「『銀魂』のあいさつに立つと疲れちゃうんだよ」と、苦笑いが漏れていた。

 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は17日より全国ロードショー!

小栗旬&菅田将暉“しゃくれ”で完全シンクロに笑み!岡田将生は橋本環奈への弟子入り発表も3

小栗旬&菅田将暉“しゃくれ”で完全シンクロに笑み!岡田将生は橋本環奈への弟子入り発表も1

小栗旬&菅田将暉“しゃくれ”で完全シンクロに笑み!岡田将生は橋本環奈への弟子入り発表も4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする