福山潤 井上喜久子の“17歳”は「国家資格」!?水瀬いのりが共感した「フリクリ プログレ」主人公の性格とは

福山潤 井上喜久子の“17歳”は「国家資格」!?水瀬いのりが共感した「フリクリ プログレ」主人公の性格とは3

劇場版『フリクリ プログレ』初日舞台あいさつが開催!

 劇場版『フリクリ プログレ』(監督:荒井和人、海谷敏久、小川優樹、井端義秀、末澤慧、博史池畠/配給:東宝)初日舞台あいさつが28日、東京・TOHOシネマズ日比谷で開かれ雲雀弄ヒドミ役・水瀬いのり、井出交役・福山潤、雲雀弄ヒナエ役・井上喜久子が登壇し、司会はお笑いコンビ『アメリカザリガニ』柳原哲也が務めた。

 2000年から2001年にかけて全6巻でリリースされたOVAシリーズ作品『フリクリ』(共同制作:Production I.G)。国内DVD販売数は累計約25万本という大ヒットを飛ばした。そして今回新作として9月7日から公開された劇場版『フリクリ オルタナ』と、本作の2本が公開されることとなった。

 井上は自身のおなじみの「井上喜久子、17歳です」と切り出して、福山&水瀬&観客から「おいおい!」とツッコまれる一連のお約束が!しかし、イベントが22時と深夜にスタートしたとあって、柳原が「22時を超えてる!」と、17歳のイベント出演可能時間を超えているという指摘も入ったが、福山は「(“17歳”は)国家資格ですから」といえば、井上も「結構いっちゃってる17歳ですから」と、サラリと流して笑いを誘った。

 昨年末にアフレコが行っていたそうだが、水瀬は、「何度か分けて録っていたので、終日アフレコブースに入ったりというより、TVアニメのようなアフレコでした。演じていてドキドキしましたし、各話画のタッチも変わっているので、どうつながっていくなとか想像できなかったんです。けど、できあがったものを観ると、フリクリだなって」と、感想を寄せ「一種の青春の形をみんなが過ごしていて、ハツラツとした気持ちになる作品でした」と、総括を。

 そのアフレコでは、ヒドミの母を演じた井上が水瀬を褒めまくったそうで、舞台上でも井上が「可愛すぎる!本当に止まらない!冷たいヒドミちゃんもカワイイ!」と、水瀬に寄っていく一幕もあり、水瀬は「“お母さん”が褒めてくれるんです」と、少し照れくさげ。

 そんなヒドミ役へ水瀬は、「ヒドミは女子らしい一面があって、時々見せる可憐さとか、謎めいた神秘さ、子供っぽさと大人っぽさを感じるんです」といい、「私も14歳のときにデビューしたので、見た目とかしゃべり声は若いんですけど、17歳のときには中身は23歳くらいに見られるアンバランスな感じで、見た目ほど自分は女の子らしい性格ではないの甘えたいけど甘えられない部分があるので」と、共感した部分が多かったそう。

 一方、福山は井出役へ「不屈のバイタリティーは映像の力を借りていて、超人じみた無駄な生命力はアニメならでは。空中を泳ぐようにしたりしたのは、子供のころに観ていたヒーローそのものですね」と、しみじみ。

 続けて、ハルハ・ラハル役の林原めぐみの演技にも触れる。緩急をつけた演技に福山は、「カメラリハーサルだったんですけど、先輩が初っ端から茨の道を行くんだと思って」と、圧倒されたそうで、これに井上は、「終わった後にごはんに食べに行って、めぐみちゃんのフリクリをやることの緊張感と熱い想いを聞いて本当に熱かったんです。それを感じてほしいなと思っています」と、呼びかけていた。

 さらに印象的なシーンへ、セクシーっぽい思わせぶりなセリフがあるという福山は「そこだけに耳の焦点を当てて聴いてほしいのですが、男性が『すごいよ』しか言ってないシーンがあって」と話したり、福山の中で答えはわからないが想像しているものがあり、「それが当たってたら、それくっだらねぇなと思いますね」というシーンもあるよう。

 イベント後半には本作のキャッチフレーズも考えることとなり、井上は「青春は爆発だ!」と、勢いのいいものを。福山は「“複雑な世界の中に真っ直ぐなラブストーリーがある”と思うんです」と、こちらも味のあるものに。そして水瀬は「一言では言えないので劇場へ!」と、うまくまとめ喝采を受けていた。

 最後に、井上は「この作品にかかわれたことが本当に幸せですね。見どころがいっぱいで、胸が爆発しちゃいそうな、こんな作品はないと思います!」とアピールすれば、福山は「頭を空っぽにして楽しめる作品です。それと次に来てまた観ようという方へ。僕、本番中に1個ぶっこめないかなと思って『いっ、いでー』と井出にかけたダジャレ言ってみたんです。収録はサラーッといったんですけど、観たらバッサリ言ってました(笑)。どこで言っていたでしょうか?(笑)探してみてください!」と、呼びかける。

 そして水瀬から、「劇場で座って観ているのがウズウズ動きだしたくなってしまうくらい大迫力な作品です。初めて『フリクリ』に触れるよという方が、難しいかなと思われるかもしれないですけど、何度も観て頂けると気づいたときには“フリクリイズム”的なものに染まってもらえると思います。ぜひみなさん劇場に遊びにきてくれると嬉しいです!」と、PRしていた。

 劇場版『フリクリ プログレ』は28日より全国公開中!

福山潤 井上喜久子の“17歳”は「国家資格」!?水瀬いのりが共感した「フリクリ プログレ」主人公の性格とは1

福山潤 井上喜久子の“17歳”は「国家資格」!?水瀬いのりが共感した「フリクリ プログレ」主人公の性格とは2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする