V6・坂本昌行ミュージカル「TOP HAT」へ「今回の見どころは屋良」宣言で屋良朝幸はしどろもどろ!多部未華子へは称賛も

V6・坂本昌行ミュージカル「TOP HAT」へ「今回の見どころは屋良」宣言で屋良朝幸はしどろもどろ!多部未華子へは称賛も1

ミュージカル「TOP HAT」へ向けて意気込み!

 アイドルグループ『V6』坂本昌行(47)、多部未華子(29)、屋良朝幸(35)、朝海ひかる(46)、益岡徹(62)、浅野和之(64)が5日、東京・渋谷の東急シアターオーブでミュージカル『TOP HAT』(演出:マシュー・ホワイト)初日開演直前に意気込みを語った。

 フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースが主演した1935年の映画『トップ・ハット』が原作の舞台。2011年に英国で上演され、『英国ローレンス・オリヴィエ賞』で7部門にノミネート、3部門を受賞し大旋風を巻き起こし、日本でも、宝塚歌劇団宙組公演や、英国キャストが初来日したロンドン版の上演で大好評となった。物語はブロードウェイで活躍する大人気のミュージカル・スターのジェリー・トラヴァース(坂本)と、美しいモデル、デイル・トレモント(多部)が出会ったことから始まるロマンティック・ラブコメディー作品だ。英国オリジナルクリエイター陣による日本人キャスト版と本格的なものとなっている。

 上映前にはメディア向けにゲネプロのダイジェスト映像が上映され、多部から坂本にビンタするシーンや、2人のキスシーン、華麗で息の合ったタップダンスなどその仕上がりの良さを伺わせるものとなった。そして囲み会見にはそれぞれ舞台衣装で登場。坂本は初日へ「ドキドキもありますけど、喜びという方が上回っているかもしれませんね」と、少し余裕のある笑みを浮かべ多部も「楽しめたらいいと思います」と、落ち着いた様子。

 作品へ坂本は「オシャレな作品だと思った以上に1人1人の話すパワーというか、楽しんでいるというのが伝わってきたので、それを伝えていければと思っています」と意気込み、坂本としては「タップ、ペアダンスもそうですけど、衣装も非常に素晴らしいのでそこも見どころだと思います」と、呼びかけ多部も「私もこの衣装を着ているので、素敵なものをお見せできたらと思います」。

 本作が舞台初挑戦となる多部。タップダンスは「だいぶ特訓しました」といい、歌は「お披露目できるくらいなのかまだちょっと自分も未知の世界です」と、そこは少し自信がなさげ。しかし、坂本は「観れば『本当に初めてなの!?』というくらいですし、何より線が綺麗なんです。一緒にやってても、どうやったら美しくなれるかなって考えるくらいで」と、見とれてしまうほどなのだとか。屋良も、「タップダンスは僕もやりましたけど、1、2ヶ月でできるものじゃないですよ。音が鳴るまでにすごく時間がかかるので、けいこ場で見た時にすごくビックリしましたよ」と、太鼓判だった。

 その屋良は「素敵に見せたいと思います。(自信は)もちろんあります」と力強いコメントを寄せていたが、記者たちから「ダンスの方はもうプロですからね」と、声をかけられると「やめてくださいよ」と、気恥ずかしげ。実は屋良と坂本が舞台上で共演するのは20年前の『PLAYZONE』だったといい坂本は「正直、(ジャニーズ)Jr.だったから覚えてなくて」と苦笑いすると、屋良は「結構面倒見てもらったんですけど……」と、寂しげにコメント。

 これに坂本は「正直僕もそのころ必死だったんですよ」と、釈明しつつ「でも、Jr.から抜けて1人の役者として頑張っていて、今回の舞台でも『どうですか?』と聞かれるんですけど、そんなにアドバイスをする必要性がなくて、地に足ついてますよ」と、称える。

 屋良としては「坂本くんは20年前と全然変わってなくて、ストイックだし、黙々と練習している姿を見て背中で語ってくれている感じです。それを見てついていこうと思う先輩ですね。20年ぶりに坂本くんとやるということで、この成長をどうにか見てもらいたいと思っていたんです。けれど、役柄上僕は一切踊っていないので、けいこ場で(坂本から)『お前きょうも汗かいてないじゃないか!』と言われて。僕の出しきれるものを見せることができてなくて……」と、少し心残りがあるようだったが、坂本は屋良を見ながら「この中で1番爆笑を取っていくと思いますよ、悔しいぐらい」とニヤリとイジり、「屋良さんの才能といいますか、1番キャラクターが際立っていて」(多部)、「才能のかけらが散らばったような感じのものを見せてくれるのでお客さんが納得せざるおえないような感じです」(浅野)と、乗っかったため、屋良は「悪意がある(苦笑)」とタジタジだったが、坂本は「今回の見どころは屋良ですね」と、追い込み、屋良は最後にはしどろもどろになっていた。

 坂本から「お仕事だったり学校の勉強だったりで疲れている方に観て頂いて、何よりハッピーになれますので、みなさん劇場までお越しください!」と呼びかけていたミュージカル『TOP HAT』東京公演は5日から25日まで東急シアターオーブにて、大阪公演は12月1日から同5日まで梅田芸術劇場 メインホールにて上演!

 ■公演情報
 公演名:ミュージカル「TOP HAT」
 作詞・作曲:アーヴィング・バーリン
 原作脚本:ドワイト・デイラー、アラン・スコット
 脚色:マシュー・ホワイト、ハワード・ジャック
 演出:マシュー・ホワイト
 振付:ビル・ディーマー
 出演:坂本昌行、多部未華子、屋良朝幸、朝海ひかる、浅野和之、三井聡、加賀谷一肇、加賀谷真聡、工藤広夢、斎藤准一郎、高瀬育海、堀江慎也、萬谷法英、武藤寛、吉井一肇、岡本華奈、小島亜莉沙、彩月つくし、笘篠ひとみ、花岡未莉亜、吉田理恵、脇坂美帆

V6・坂本昌行ミュージカル「TOP HAT」へ「今回の見どころは屋良」宣言で屋良朝幸はしどろもどろ!多部未華子へは称賛も2

V6・坂本昌行ミュージカル「TOP HAT」へ「今回の見どころは屋良」宣言で屋良朝幸はしどろもどろ!多部未華子へは称賛も6

V6・坂本昌行ミュージカル「TOP HAT」へ「今回の見どころは屋良」宣言で屋良朝幸はしどろもどろ!多部未華子へは称賛も5

V6・坂本昌行ミュージカル「TOP HAT」へ「今回の見どころは屋良」宣言で屋良朝幸はしどろもどろ!多部未華子へは称賛も4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする