柴咲コウ愛猫とのほのぼのエピソード!猫の日に豪華猫7匹集結の「ねことじいちゃん」初日開催

柴咲コウ愛猫とのほのぼのエピソード!猫の日に豪華猫7匹集結の「ねことじいちゃん」初日開催

映画『ねことじいちゃん』初日が開催!

 俳優・立川志の輔、柴咲コウ、小林薫、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之が22日、東京・新宿バルト9で映画『ねことじいちゃん』(監督:岩合光昭/配給:クロックワークス)初日舞台あいさつを岩合監督とともに開いた。

 世界的な動物写真家として人気の岩合氏が初の映画監督に挑戦。猫がいる島を舞台に、愛妻に先立たれ飼い猫のタマと暮らす70歳の主人公・春山大吉(志の輔)と、島の人々と猫の温かい交流を描いた作品。1カットごとにどこかに猫がいるというのも特徴の1つだ。

 志の輔は、「岩合監督の突然のオファーで、1ヶ月練習して撮影に入りましたが、形になったのは、ここに並んでいる俳優のみなさんのおかげです」と、お礼。2月22日の“ニャンニャンニャンの日”こと猫の日に記念すべき舞台あいさつをするということで、報道陣も50人近く集まるほど熱気にあふれ、小林は「こんなに猫好きの方がいるんだなぁって思います」と、しみじみ。

 イベントではそれぞれ、猫とのエピソードを話すことに。山中が、柴咲が40匹ほどいた猫へ「撮休のときに“下の世話”までしていて、柴咲さんは本当にネコ好きなんだなって、初めて信用しました」と、エピソードが披露され柴咲は「良かったです、信用されて(笑)」と、楽しげに応じる。

 その柴咲は、自身の愛猫のことを語ることとなり、「うちの猫は真っ白い保護猫なんです。賢くて目を合わせると飛び乗ってくるという芸ができるんです。最近はお鍋とかお皿をもっているときに来られると本当に危ないし、セーターもビロビロになるので、気をつけています」と、ほのぼのエピソードで和ませた。

 小林は柴咲が主演した大河ドラマ『おんな城主直虎』で共演した猫と、本作で再び共演ができたという話や、柄本は、岩合監督と猫について語り、「岩合監督が猫ばっか観てるんです。猫がOKだったらOKという感じで」というと、岩合監督は「みなさんに言われました」と、苦笑い。それでも岩合監督は逆に柄本へ「柄本さんが撮影中以外でも猫と仲良くしていて、あるシーンで猫が動かなかったのはそのおかげですよ」と、フォロー(?)もしていた。

 記念撮影では、作品に登場する35匹の中から“タマ”ことベーコンをはじめ、猫たちが登壇!立川はタマを演じたベーコンを胸に抱いたのをはじめ、めめ、マロニー、おはぎ、小梅、ヒゲ、りんご、ゆずの7匹も加わる賑やかなものに。

 岩合監督から「本当にみんないい子だね。人もそうですよ(笑)」とアピールしていた映画『ねことじいちゃん』は全国公開中!

柴咲コウ愛猫とのほのぼのエピソード!猫の日に豪華猫7匹集結の「ねことじいちゃん」初日開催3

柴咲コウ愛猫とのほのぼのエピソード!猫の日に豪華猫7匹集結の「ねことじいちゃん」初日開催

柴咲コウ愛猫とのほのぼのエピソード!猫の日に豪華猫7匹集結の「ねことじいちゃん」初日開催4

山中だけは役柄に合わせてぬいぐるみ

柴咲コウ愛猫とのほのぼのエピソード!猫の日に豪華猫7匹集結の「ねことじいちゃん」初日開催1

柴咲コウ愛猫とのほのぼのエピソード!猫の日に豪華猫7匹集結の「ねことじいちゃん」初日開催2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする