西島秀俊 佐々木蔵之介がからかわれて照れる!「空母いぶき」通じて平和への思い新た

西島秀俊 佐々木蔵之介がからかわれて照れる!「空母いぶき」通じて平和への思い新た3

映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが開催!

 俳優・西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也が24日、東京・TOHOシネマズ日比谷で映画『空母いぶき』(監督:若松節朗/配給:キノフィルムズ)初日舞台あいさつを若松監督とともに開き、司会は松本志のぶアナウンサーが務めた。

 漫画『沈黙の艦隊』『ジパング』などの代表作を持つ漫画家・かわぐちかいじ氏原作の同名作を映画化。20XX年の日本が舞台で、波照間諸島に国籍不明の武装集団が上陸し、占領。出動を命じられた自衛隊初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」のクルーや、ほかの護衛艦、イージス艦に乗る者たちなどの緊迫の24時間を描いている。

 西島は緊張のあまり昼のイベントながら「こんばんは」と切り出して修正していたが、佐々木も「こんばんは!」と繰り返し、西島をさらに照れさせるなかでのものに。

 作品を通じて西島は「今回たくさん自衛官の方にお話を伺えて、事前の準備ができて、この場を借りてお礼したいです。作品のために力を尽くして頂いた感じです」と、スタッフとともに、協力してくれた自衛官らへ感謝。

 佐々木は「かわぐちかいじさんが、この作品を描くとき、怖さを感じてほしいと言っていたことを聞いて、この映画に参加するときに怯みました。怖いなと思いましたが、初日を迎えて大勢のお客さんを前にしてこの船に乗ってよかったなと思いました」と、気持ちを。

 本田は原作にはなく、いぶきに同乗するネットニュース社のディレクター・本多裕子役を演じている。「映画オリジナルキャラクターだからこそ、役割をきちんと見つけて、撮影には臨んでいまして、私がいることでこの映画がより見やすくなったと思ってもらえたら嬉しいです」と、自身へ向けられた配役を意識したという。

 コンビニ店員役で、そのコンビニ店店長が中井貴一と共演した深川は、「中井さんは大先輩で緊張していたんですけど、カメラが止まるたびに笑わせてくれて、朗らかになって。劇中のメッセージカードの字も、こうしたらいいんじゃないと直筆で書かれていたり、中井さんが実際に使われている耳栓も映り込んでいるコンビニのシーンも入っています」と、裏話を披露していた。

 そして西島から「実際できあがった作品を観て、自分が平和に毎日楽しく過ごしているのは、平和を守ってくれている人たちが居るからだと感じました。平和な街を見て、今の平和の大切さのかけがえのなさを感じて頂けたら嬉しいです。自分を大切な人に連絡して頂いて、大切な人との平和を感じてもらえたら」と、呼びかけていた。

 映画『空母いぶき』は絶賛公開中!

西島秀俊 佐々木蔵之介がからかわれて照れる!「空母いぶき」通じて平和への思い新た1

佐々木にからかわれる西島

西島秀俊 佐々木蔵之介がからかわれて照れる!「空母いぶき」通じて平和への思い新た5

西島秀俊 佐々木蔵之介がからかわれて照れる!「空母いぶき」通じて平和への思い新た4

西島秀俊 佐々木蔵之介がからかわれて照れる!「空母いぶき」通じて平和への思い新た2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする