戸塚祥太、辰巳雄大、加藤和樹ら“ビートルズ”仲が深まり和気あいあい!舞台「BACKBEAT」へ「ロックで駆け抜けたい」と意気込みも

戸塚祥太、辰巳雄大、加藤和樹ら“ビートルズ”仲が深まり和気あいあい!舞台「BACKBEAT」へ「ロックで駆け抜けたい」と意気込みも7

舞台『BACKBEAT』を前に意気込み!

 アイドルグループ『A.B.C-Z』の戸塚祥太、『ふぉ~ゆ~』の辰巳雄大、俳優・加藤和樹、『FUZZY CONTROL』JUON、上口耕平、鈴木壮麻、尾藤イサオ、女優・夏子らが25日、東京・池袋の東京芸術劇場 プレイハウスで舞台『BACKBEAT』(翻訳・演出:石丸さち子)フォトコールを開いた。

 ロックバンド・ビートルズの創成期にハンブルクで巡業していた時代を描いた1994年公開の伝記映画『BACKBEAT』を、イアン・ソフトリー監督自らが舞台化した作品。結成当初、5人だったビートルズ時代、デビュー目前に21歳で夭折したスチュアート・サトクリフ(戸塚)にスポットを当て、学生時代からの親友だったジョン・レノン(加藤)、ジョージ・ハリスン(辰巳)、ポール・マッカートニー(JUON)、ピート・ベスト(上口)、さらに、ハンブルクでの出会いによりスチュアートと恋に落ちる写真家のアストリッド・キルヒヘル(夏子)ら、若者たちの揺れ動く心を描いている。

 フォトコールでは序盤のバンド名が『ザ・ビートルズ』に決まり『Johnny B Good』の演奏シーンと、中盤のハンブルクのクラブでの日々のシーンが公開。演奏は迫力の生演奏で、シーンの合間には実際にキャスト陣がチューニングする姿も。2シーンから若者たちの陽気な姿と、その陰なども伺える仕上がりとなっていた。

 その後、演出の石丸氏も交えて囲み会見を開催。戸塚は「準備バッチリです!」と、満面の笑みだったうえ「スタッフさんから呼ばれるときに『ビートルズのみなさん』と呼ばれるのが嬉しくて」と、呼ばれるたびにテンションが上がっており「令和のビートルズです」と、ゴキゲンなコメントが飛び出すほど。

 迫力の演奏を見せたビートルズキャストだが、戸塚は「最初は不安に思われていたんですよ」といい加藤も、「2月に集まったときには学生バンドかなってくらいだった」と、演奏に不安があったのだとか。しかし、JUONは「いざ一緒に音を出したら結構うまくいって」と、手応えを感じ、上口は「初めての会話が音でしたから」というところまで来たが、辰巳は、「ほぼ弾けない状態から始まって、演出の石丸さんが『本当に大丈夫か……』という顔をしていて。手も思うように動かなかったところから毎日8時間練習したんです」と、猛特訓の末だったそう。

 その甲斐あって辰巳は「スローで聴いてもらったら分かっちゃいますけど、バンドで聴くと音楽になっていて」というほどにまで成長。ついには「弾きながらジャンプしてます。1番初心者の僕へ1番ジャンプしてくれと言われて。1番弾けない僕がジャンプしているんです!」というアクションもこなせるほどになったようだ。ちなみにJUONも「ジョージと一緒で1日8時間やってきて、左を練習して」と、こちらも苦労したようだった。

 辰巳は「けいこ中にみんな距離感近くいたなって」というほど、仲が深まった彼らだが、記者も「コンサートツアーをしてみたらいかがですか?」と水を向けると加藤も「やりたいくらいです!」と、ノリノリだった。

 一方、実際にビートルズの日本公演の前座を務めたこともある尾藤は、「若い人の成長は素晴らしいですね」と、目を細めつつ、「ちょうどビートルズが来日していたときに、僕はうちを留守にしていたんですよ……“尾藤留守”です」と、ダジャレを飛ばして、全員爆笑する和気あいあいな一幕も。

 加藤から「毎回ライブで、トータル20曲くらい生演奏しています。生なので何が起こるか分かりません。弦が切れたりとか間違っちゃったりとかあるかもしれませんが、そこはご愛嬌で許してもらって(苦笑)。ライブ感はこの場所でしか味わえないことなので、そういうものも体感して頂ければ」と、アピールしたり、戸塚は、「とにかくロックに始まり、いっときも速度を落とさずにロックで駆け抜けたいと思います!」と、意気込みを語っていた。

 舞台『BACKBEAT』東京公演は25日から6月9日までで東京芸術劇場 プレイハウスにて、兵庫公演は6月12日から16日まで兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールにて、愛知公演は6月19日に刈谷市総合文化センター アイリス 大ホールにて、神奈川公演は6月22、23日に大和芸術文化ホール メインホールにて上演!

 ■出演
 スチュアート・サトクリフ役:戸塚祥太
 ジョン・レノン役:加藤和樹
 ジョージ・ハリスン役:辰巳雄大
 ポール・マッカトニー役:JUON
 ピート・ベスト役:上口耕平
 アストリッド・キルヒヘル役:夏子
 ベルト・ケンプフェルト役ほか:鍛冶直人
 トップテンクラブMC役ほか:田村良太
 クラウス・フォアマン、リンゴ・スター役:西川大貴
 レーパーバーンの店員役ほか:工藤広夢
 ブライアン・エプスタイン役:鈴木壮麻
 ブルーノ・コシュミダー役ほか:尾藤イサオ

戸塚祥太、辰巳雄大、加藤和樹ら“ビートルズ”仲が深まり和気あいあい!舞台「BACKBEAT」へ「ロックで駆け抜けたい」と意気込みも6

戸塚祥太、辰巳雄大、加藤和樹ら“ビートルズ”仲が深まり和気あいあい!舞台「BACKBEAT」へ「ロックで駆け抜けたい」と意気込みも4

戸塚祥太、辰巳雄大、加藤和樹ら“ビートルズ”仲が深まり和気あいあい!舞台「BACKBEAT」へ「ロックで駆け抜けたい」と意気込みも3

戸塚祥太、辰巳雄大、加藤和樹ら“ビートルズ”仲が深まり和気あいあい!舞台「BACKBEAT」へ「ロックで駆け抜けたい」と意気込みも1

戸塚祥太、辰巳雄大、加藤和樹ら“ビートルズ”仲が深まり和気あいあい!舞台「BACKBEAT」へ「ロックで駆け抜けたい」と意気込みも2

戸塚祥太、辰巳雄大、加藤和樹ら“ビートルズ”仲が深まり和気あいあい!舞台「BACKBEAT」へ「ロックで駆け抜けたい」と意気込みも5

戸塚祥太、辰巳雄大、加藤和樹ら“ビートルズ”仲が深まり和気あいあい!舞台「BACKBEAT」へ「ロックで駆け抜けたい」と意気込みも8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする