今井翼にとっての「楽園」!すみれに教えてもらってサーフィンにも興味

今井翼にとっての「楽園」!すみれに教えてもらってサーフィンにも興味1

ハワイ州観光局『サーフィン』記者発表会

 俳優でタレント・今井翼(38)、女優で歌手・すみれ(29)、プロサーファー・脇田貴之氏(48)が18日、都内ホテルでハワイ州観光局『サーフィン』記者発表会に登場した。

 ハワイ州観光局が、2020年のプロモーション戦略として、サーフィンを通じて、さまざまな活動を展開していく。その1つとして、プロサーファーの五十嵐カノア選手(木下グループ)をハワイ州観光局親善大使に任命することとなった。今井、すみれ、脇田はサーフィンとライフスタイルといったテーマを下に、トークショーゲストとして招かれた。

 今井はハワイが大好きだそうで「初めていたのは中学生のときでハワイの虜になり10年以上前から毎年行っています。多い年だと年に3、4回。去年は療養期間でしたので4回行って、英気を養って。ハワイはその地にいるだけですごく活性化というか浄化される感じで。日本と古い歴史もありますから、日本人にとっても東京とは違う島ですけど、日本人がリラックスできて、特別な島だと思います。舞台を終えたばかりなので、ハワイに行きたいというか、帰りたいですね」と、思い入れを。

 ここ最近は、「親友とかとも行くんですけどここ1、2年は1人ハワイの楽しさを覚えて2、3週間くらい1人で行って、向こうの食材を買って、カレーを作ったり自炊を楽しんでいます」というほど、ハワイ好きなのだそうだ。

 では、サーフィンをしているのかというと、「湘南育ちなんですけど、陸サーファーなんです。ハワイに行くと素泳ぎをしていて」と苦笑いしていたが、今回のイベントを機会に「向こうにいる友だちに教えてもらって今年こそサーフィンデビューしたいですね。朝日だったり夕日を浴びながらのサーフィンは特別な時間でしょうから」と、前向きな姿を見せていた。

 その後、すみれにサーフィンのポージングを教えてもらい2人でポーズをとってノリノリで楽しんだりしつつ、すみれから、「小さい頃から愛していてアロハスピリットを持ってすごく優しくリラックスさせていただける、私の心の中にずっとある場所ですね」といえば、今井は、「僕にとっては楽園ですね。現地に行かないと感じられないことってたくさんあるんですけど、日本にいてもハワイの音楽も好きですので、よく楽屋でそれを聴いてリラックスしています。僕にとっては、ご褒美ですかね。泳ぐこともそうですし、砂浜でゴロゴロしているだけでもハワイに来れてよかったという喜びもいただきますので今年もハワイに行ってと思っています。もう行きたくてウズウズしています(笑)」と、現在の気持ちを語っていた。

 ※コメントと写真は後ほど追加予定

今井翼にとっての「楽園」!すみれに教えてもらってサーフィンにも興味2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする