V6岡田准一主演作「関ヶ原」“大人の事情”でしゃべれない部分をジェスチャーで表現!滝藤賢一の秀吉は「怒られそうですけど1番」とベタ惚れ

V6岡田准一主演作「関ヶ原」“大人の事情”でしゃべれない部分をジェスチャーで表現!滝藤賢一の秀吉は「怒られそうですけど1番」とベタ惚れ6

V6岡田准一主演作「関ヶ原」大ヒット祈願イベントが神田明神で開催!

 アイドルグループ『V6』の岡田准一(36)、俳優・平岳大(43)、滝藤賢一(40)、女優・中越典子(37)が21日、東京・神田明神で映画『関ヶ原』(監督・脚本:原田眞人/配給:東宝=アスミック・エース)大ヒット祈願イベントを原田監督(68)とともに開いた。

 作家・司馬遼太郎の同名小説が原作。豊臣秀吉亡き後に起こった石田三成率いる西軍と徳川家康率いる東軍が、天下分け目といわれる関ヶ原の戦いで対決するまでに起こったドラマや、戦いのてん末などが描かれる。岡田が石田三成を、役所広司が徳川家康を演じ、『日本のいちばん長い日』で知られる原田監督がメガホンを取っている。神田明神といえば家康が西軍に勝利祈願した場所としても知られた場所として知られていることからイベント開催となった。

 まずは、神社内で会見が開催。岡田は「家康公の必勝祈願に訪れた場所で、縁を感じながら大ヒットへの祈願をさせて頂けること嬉しく思っています。きょうはだいぶ西軍(のキャスト)がそろっていますけど、役所さんに伝えたいなって思っています」と、史実に基づいた軽口で、報道陣を沸かせる。

 先日には三成公ゆかりの滋賀県の龍潭寺(りょうたんじ)にも参ったという岡田は、「石田三成公のお膝者というか地元なので、縁のある石像もあるし、佐和山城の下側にあるお寺で現場でも撮影させてもらった場所なので嬉しかったです」と、しみじみだった。

 作品へ出演してみて、「原田監督の作品はどの役もイキイキしているんです」と、特徴を語る岡田だったが、とくに滝藤への思い入れがあったようで、「滝藤さんが演じる豊臣秀吉もイキイキしていて。後ろ姿が秀吉だったんですよ。メッチャクチャ秀吉で、しびれる感じで仕えていた長さも感じて。どこかで滝藤演じる秀吉が観たいですよね」と、“スピンオフ”作品も熱望。ちなみに、岡田は以前、大河ドラマ『軍師官兵衛』でも秀吉に仕える黒田官兵衛役を主演したこともあってか「以前にも秀吉公に仕えたことがあるので怒られそうですけど、1番です」というほどの惚れ込みようだったようだ。

 撮影中には、“鬼が出た”ということが合言葉になっていたそうで、実はそれは岡田が流行らせていたのだとか。「関ヶ原には鬼が出るといううわさを流していたんです。監督が愛情を持って怒るんですけど、それでスタッフがピリッとして、大鬼なのか小鬼なのか、どれくらいのレベルというのをみんなで話し合っていて」というエピソードもあったらしく、岡田によると、「平さんは大鬼食らってました」という証言や「タイ料理をみんなで食べに行ってから鬼が出なくなった」など、いろいろ思い出にもなったよう。

 さらに、イベント中、中越が岡田に「これは言っちゃ駄目?」と尋ねる謎のやりとりが。岡田は「大人の事情がありまして。これで想像してください」と、苦笑いを浮かべながら、おでこや頭を触るジェスチャーをしていたが、中越は「言えないことがあって、それであまりにもその姿に感動したというか」と、もどかしげにぼやかして話していた。

 イベント後半では、本作が天下を分けるような人生最大の決戦ということにかけ、『人生における決戦の日』のそれぞれの川柳を公開することに。岡田は、「鬼が出て 鬼締め決めて 鬼ヒット」と、原田監督のことを詠んでいたが、「本当に毎日戦いだと思っていたので、毎日、鬼締めという気持ちで向かっていきました」と、当時の心境を語ると、原田監督は、「自分の標語にしたいくらい。『大一大万大吉』みたいな感じで。これからヒットしたら鬼ヒットと言いたいくらいです」と、いたく気に入っているようだった。

 その後、社殿に参り大ヒットを祈願。岡田は「大ヒットに向けていい時間になったなと思います。家康公に縁のある場所なので役所さんにしっかり伝えたいです」と、前を向いていた。

 岡田から「この作品に携われたことが幸せだと思います。滝藤さんも原田監督のおかげで世に出たという話を伺いましたし、役所さんも同じようなことをおっしゃってて、僕もこの作品が自分の代表作になると信じていますので、この作品、鬼ヒット目指していますのでよろしくお願いします」と、呼びかけていた映画『関ヶ原』は26日より全国ロードショー!

V6岡田准一主演作「関ヶ原」“大人の事情”でしゃべれない部分をジェスチャーで表現!滝藤賢一の秀吉は「怒られそうですけど1番」とベタ惚れ5

V6岡田准一主演作「関ヶ原」“大人の事情”でしゃべれない部分をジェスチャーで表現!滝藤賢一の秀吉は「怒られそうですけど1番」とベタ惚れ2

滝藤賢一

V6岡田准一主演作「関ヶ原」“大人の事情”でしゃべれない部分をジェスチャーで表現!滝藤賢一の秀吉は「怒られそうですけど1番」とベタ惚れ3

平岳大

V6岡田准一主演作「関ヶ原」“大人の事情”でしゃべれない部分をジェスチャーで表現!滝藤賢一の秀吉は「怒られそうですけど1番」とベタ惚れ4

中越典子

V6岡田准一主演作「関ヶ原」“大人の事情”でしゃべれない部分をジェスチャーで表現!滝藤賢一の秀吉は「怒られそうですけど1番」とベタ惚れ1

原田眞人監督

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする